還暦や結婚式のお祝い@しきたりを守って大人のマナーで

お祝い事
友だちの結婚式や出産は
ほとんどなくなり
 
次は親せきや友人
自分の子どもの結婚
 
孫の誕生に七五三
親きょうだいの賀寿など
 
いろいろな慶事が続いていきます。
 
さて十分大人の私たちは
若い世代のお手本にならなければ…
という気負いも出てきますね。
 
だいたいは主役でなく
お膳立てしたり
盛り上げる側が多いですので
 
ここはひとつ
出過ぎず下がり過ぎず
凛とカッコよく振るまって
 
しきたりとマナーを守って
心のこもったお祝いを。
 

続きを読む

40代で始める趣味はひとりで@自分の時間をゆっくり楽しむ法

秋の夜長
あなたは有意義な時間を
過ごせているでしょうか。
そうです…昨日との連動ブログです。
 
これまで忙しかった日常に
少しずつ余裕が出てきて
 
せっかくの自由な休日を手に入れても
全然楽しくない時間だとあれば
 
それは意に反して老けが加速します。
当たり前ですよね?
 
自分の今の状態に
あらがわずにできること
 
好きなことをちょっとだけ
始めればいいことです。
 
元々好きなことを楽しめていれば
それはそれでステキ。
 
やってきた趣味さえも
億劫になっているあなたは
別の新しいこと始めるタイミングです。
 

続きを読む

ここからどう生きる?変わる体と心@秋の夜長とアラフィフと

秋の夜長
皆さん有意義な時間を
過ごせているでしょうか。
 
仕事もプライベートも
激動の20~30代を思い返すと
今の生活パターンにすっかり馴染み
 
社会人の自立した大人女性として
妻・母としての位置も確立
 
家に帰れば
自分だけの時間
急に増える頃合いと言えます。
 
そのように自由な中でも
「繰り返すだけの毎日がつまらない」
「飽きたうんざり」という声が
聞かれるのもこのタイミングなのです。
 
ひとつ下の世代には
ぜいたくな悩みだと怒られそうですが
 
やはり更年期もあってか
精神的にもナーバスになり
 
「自分はこれでいいのか」
「この先どうなっていくのか」
そんな出口の見えない不安や
喪失感にさいなまれる女性も…
 
気分転換して前を向くには
ただやるぞーのカラ元気は逆効果
 
前を向くために
アラフィフ特有の
体と心の浮き沈み
共有したいと思います。

続きを読む

銀婚式を数えて金婚式には両親に贈り物を@記念日によせて

数えたことありますか?
自分の銀婚式
 
「結婚してから25年って…!」
「あれもこれもいろいろあったな」
「もうそんなにたったの?」
 
そしてやはり
歴史を振り返ります。
 
出会った頃の気持ちや
親へのあいさつの日
式でのハプニング
新しい家族と重ねた時間
そして今ここからの未来
 
完全に忘れて26年目になってたら
けっこう悲しくないですか?
 
だって次に大きいのは
さらに25年後
50年め記念の金婚式ですよ!
 
共に元気でいるのかな
変わらずそばにいられるのかな。

続きを読む

美肌・美白のもとは水か温泉か@旅と田舎暮らしのススメ

究極の田舎暮らし?
娘がとつぜん言った
「ここって日本で一番田舎だよね」
え?そうなの?としばし考え
 
コンビニまで2分だし
国道ルート沿いだし
インターチェンジも5分
道の駅近くの駅前住みだし
スーパーも病院も一応ある
べつに不便は…
 
「都会では味わえない
何も無いからこその
豊かさというモノも
ここにはあるのだよ」
といったら食い気味に
 
「そういうことじゃないからっ」
だって(笑)なにも怒らなくても…
 
今夜はひたすら
地元民の欲めでいいことだけ
ただただひたすら書くと決めた。

続きを読む

上がるモチベ―ション!超ハマれる大好きな何かは見つかるか

例えばジャニーズ
韓流・エグザエル
俳優・歌舞伎・相撲
アスリート…
 
お客様とお話ししていると
超とがった趣味や
大好きな何かを持っている
モチベーションの高い方が
たくさんいらっしゃいます。
 
仕事や家庭
環境はいろいろですが
やはりバブル時代の申し子
 
アラフィフ世代は
時間もお金も
惜しげもなく使い
楽しんでいるのです。

続きを読む

白髪から凛とした大人グレイヘアへ@おしゃれに変わっていく方法

40代からざんざん増える
【白髪】
 
思えばそのワードが
老けの固定観念を
帯びているのかも…
 
だって
【グレイヘア】
これだけでもう
未来は明るくないですか?
 
バブル時代
自分らしさを
獲得してきた
アラフィフ世代は
 
とうとう白髪さえも
魅力として
受け入れつつあります。
 
よくよく考えれば
ネガティブ要素など
何もないことに気づく。
 

続きを読む

【2019年版】始めないと間に合わない@卒業入学の親の準備

気づけば11月
年末感が一気に増して
年賀状にクリスマス
迫りくる正月準備に
 
焦るばかりでまだ
実は何も手をつけていない…笑
そんな季節折りではないでしょうか。
 
ですが受験生と同時に
卒業生を持つ母のあなたは
 
過酷な日常と同時進行で
卒入学の準備を始めないと
 
だいじな学校の式典で
納得のいかない思い出を
作り出すことになるのですよ。
 
なんてちょっと大げさでしたが
これを読めば他を調べなくてもOKな
総まとめ
していこうと思います。
 

続きを読む

子どもの将来の不安は親のモノ?構い過ぎの毒親には注意

11月
この時期になると
全ての部活で
3年生は引退となり
 
中学・高校と
受験の話題が一気に増えます。
 
また先日は
小学生の息子を持つママが
 
子どもの将来について
親はどうしてあげたらよいのかと
迷い悩む思いが溢れでていました。
 
子どもとの向き合い方に
マニュアルはないのですが
 
あなたにとっても
聞きたかった何かがありますように。
 

続きを読む