fbpx

太い・くせ毛・多い・硬い・黒いがちょうど良くなるアラフィフ

太い・くせ毛・多い・硬い・黒い
これだけそろった五重苦
はい私がそうです(笑)
 
同じような毛質のお客様からは
「この髪でなにができますか?」
という悩み相談も多いです。
 
でもどうでしょうか。
ほんとに悪いことばかりですか?
 
ここまで生きてみると
剛毛五重苦がかえって
ちょうどよくなってきたりします。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当にお悩みですか?

まぁ自分の場合
子どものころから
もちろんこの髪質でしたが
 
困っていたのは高校生まで
規則でパーマやカラー
縮毛矯正が出来ないから。
 
まだ家用のアイロンも
真っすぐにするタイプが
なかった時代です。
 
ですが!社会に出てからは
軽やかにカットし
パーマで柔らかさを出し
色でふんわり感をプラスし
 
ある意味ぺったんこの
じょっきり真っすぐで
パーマのかからない髪よりは
 
いろいろな技術をやれて
ヘアバリエーションも
たくさんあるんだ!
ということに気づきました。
 
また35才を過ぎたころから
エイジング毛で
悩む方が増えてきます。
 
縮れ・ぱさつき・広がる
薄毛・脱毛・白髪・細い
ボリュームが出ない・つぶれる
大きいパーマのカールが出ない…
 
やっぱり剛毛
悪くないじゃあないですか。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7才若見え

イタく見えない
無理な若作りじゃない
ナチュラルな若見えのポイントは
 
いつの時代もこれからも
ツヤとボリューム
 
カットもカラーも
ホームケアも
そのポイントに向かって
邁進あるのみです。
 

できない?ショート

ボブとショートの希望が
多数なのですが
この毛質でできるのか?
と不安なあなたに朗報
 
「もちろん!できます」
 
といいますか
もってこいの適した髪質です。
 
美容師サイドの
引出しの数や考え方で
提案の仕方は違うのですが
 
基本は毛質に合わせ
くせを読み生かし切る
 
これに尽きます。
とくに美容師自体が
同じ年代
同じ髪質だと
 
言わずもがなお困りポイント
分かってくれますし
 
日常のスタイリングで
自分でできるように
仕上げてくれる可能性が大ですね。
 
では具体的に
どのような注意点があるか
みていきましょう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

万人に共通のポイントは

もちろん切り方でも
仕上がりは大きく変わるのですが
万人に共通のポイント
 
肩にぎりぎりつかない長さ
➡つくとハネるし広がるから
 
どうしても肩にかかる
ミディアムボブにしたい場合は
 
ボブの表面すそに
グラデーションを入れて
三角に尖る角を落として
パーマでじょっきり感をなくす。
 
ひし形のショート
➡重要ポイントはハネて
広がる恐れのある
ハチの部分に
(頭まわりで一番はっている耳上)
段の毛先がこないようにする。
 
トップに少しだけ
薄く漉きを入れれば
昭和感満載のボーイッシュな
段カットにならずに
 
女性らしさを残しつつ
くせ毛を生かした
ふんわりショートになれます。
 
イメージの代表は
吉瀬美智子さんですね。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

老けない白髪染めを

白髪も黒毛もカラーは必須
おすすめはまっ黒すぎず
2019年今からだと
明るすぎもNGですね。
 
とにかく色が抜けて
黄色い毛先になってくると
 
傷んでぱさぱさに見えるし
ちょっとすると
ヤンキー感よりも
お婆ちゃんに寄ってくる世代。
 
やや暗めのツヤ重視でいくなら
  • 赤と青の中間色
  • モーブ
  • ボルドー
  • ココア
  • 紅茶
  • チョコレート
  • モカブラウン
  • レッドブラウン
 
ナチュラルが良ければ
色素の薄い
  • ピンクアッシュ
  • ラベンダーブラウン
  • 桜色イメージのカラーがおすすめ
 
逆にやってはいけないのが
  • オレンジ
  • ゴールド
  • イエロー
  • カッパー
10円玉硬貨のような銅金色も
抜けてくるとギラギラした
濃い金色になるので要注意。
 
総じて言えることは
カラー後の次回まで2か月間
色が抜ける過程も意識するように!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私としての見解は

 

結うのが好きなあなただったら
ピン無し1分で結える
ロングもベターな選択です。
 
自分も現在ロングですが
仕事も家事も
下を向くたびに
落ちてくるヘアは
とても我慢ならず
 
また年中暑い人なので
やはり結うのが一番なんです。
 
でもただの一本結いと
諦めているのではなく
おしゃれに若見えいくぞ!
 
っていう超ポジティブ
取りに行く一本結い
 
結い元の位置で
イメージがどう変わるか研究し
 
ゆるゆる「だらしなく」ならない
大人のキチンとくるりんぱを開発
 
ムース要らずの
がっつりパーマをかけてみたり
 
ちょっとした飲み会
学校の役員会
 
おしゃれして
遊びに行く時のアップ
 
それぞれのヘアアレンジを
たくさん持っています。
 
誰でもできる簡単なのから
凄く見えるひとつひねった
プロユーステクニックまで
 
次の機会にまた
ブログでまとめていきますね。
 
大事なのは
特別な結婚式ヘアじゃなくて
 
日常の自分が毎日
お気に入りヘアでいられること。
 
だってまずは
自分が好きじゃないと
自信もなくなるし
 
家族にも人にもハッピー
振りまけないじゃないですか?
 
世の忙しい女性たちこそ
妥協しないきらっきらな
好き髪でいてほしいと思います。
 
まずは自分の髪質まるごと
受け入れて生かすところからですね。
 
 
 
今夜も最後までお読みいただきありがとうござました。。。柴田りか☆ミ
★プレゼント中★ この機会に無料プレゼントを受け取ってあなたも今すぐ始めてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*