fbpx

銀婚式を数えて金婚式には両親に贈り物を@記念日によせて

数えたことありますか?
自分の銀婚式
 
「結婚してから25年って…!」
「あれもこれもいろいろあったな」
「もうそんなにたったの?」
 
そしてやはり
歴史を振り返ります。
 
出会った頃の気持ちや
親へのあいさつの日
式でのハプニング
新しい家族と重ねた時間
そして今ここからの未来
 
完全に忘れて26年目になってたら
けっこう悲しくないですか?
 
だって次に大きいのは
さらに25年後
50年め記念の金婚式ですよ!
 
共に元気でいるのかな
変わらずそばにいられるのかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おすすめする理由

七五三も成人式も結婚式も
なにかの兼ね合いで
やらない方もいるとは思いますが
 
考え方や方法はそれぞれでも
心にとめてぷち記念日
やることは超おすすめです。
 
家族の集まった晩ごはんで
ちょっとご馳走にして
話しをしてみてもいいですし
 
昔のDVDや写真を出してきて
若いの太ったのいうのも盛り上がるし
 
近くのスタジオで
家族写真1枚撮るのもいいです。
 
なぜならずいぶん
年月が過ぎてから
「やっぱりやればよかった」
「子どもたちに見せてやれない」
など後悔する声を聞くから
 
またとうに過ぎたことを
後からやるのはハードル高く
やれないままになるからです。
 
親の金婚式にいたっては
1人欠けることなく
ここまで50年
ケンカをしながらも一緒にいる。
 
キセキに近い重みを感じ
大きな人生の節目
やっぱり大事にしたいものです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夫婦2組で記念写真

 
印象に残っている銀婚式は
昔から仲良しのご夫婦2組で
一緒にお着物で記念写真
 
皆さんで訪問着と
羽織袴をそろえて
藤田記念洋館にて撮影でした。
 
ヘアメイクお仕度
着付けから撮影まで
全て担当させていただいたので
 
キレイな奥さまたちの
若見えも大事ですが
 
まずは銀婚式であり
セレモニーだということを
肝にすえ
 
ご夫婦の格のバランスと
2夫婦4人で撮った時に
これまた被らず
ちぐはぐにならないように
 
楽しい中にも
ただのお遊び風に
ならないよう意識。
 
今回の発起人は
お客様である奥さま
サーモンピンクの訪問着で
可愛い優しい雰囲気に
 
ご友人の奥さまは
モスグリーン地のお着物で
しっぽり上品にまとめました。
 
ヘアは結婚式ゲストほど
ゴウジャス過ぎず
 
奥さまの奥ゆかしさや
楚々とした雰囲気で
 
ツヤ出し巻き毛を
上過ぎず下過ぎずの
耳後ろに大きくシニオン。
 
今回は撮影なので
特に正面からでも
結い髪が見えるようにし
 
髪飾りはメイン左の
耳下から垂らして揺れ動きます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親の金婚式

私は親が結婚して
1年めに生まれたので
自動で50周年めの金婚式
忘れずにいられました。
 
親の出かけられる
体調のタイミングもあったので
お祝いは1年早い49周年で
サプライズで決行。
 
妹家族と準備をすすめ
日本庭園のある洋館の
お部屋を貸し切って
お祝いと感謝の会をやりました。
 
「たまには出かけよう」
と親を誘いまずは庭園をお散歩。
 
母は歩くのが
大変になっていたし
暑いのも体調くずすので
 
庭園を眺められる
日本邸の縁側で
ゆっくりしててもらいました。
 
弘前の藤田記念庭園は
相当な広い敷地の中に
 
和邸があって
お茶会や着物の会に
使われたり
滝や橋がコンパクトに再現され
 
ウエディングの撮影にも
使われる場所です。
 
 
でかい池の鯉にエサをやったり
山の上まで駆け上がったり
 
父を囲んで
小学生の姪っ子も
うちの大きい子どもらも
それぞれに楽しい時間を
過ごせたようです。
 
 
6月末昼も近づき
だいぶ暑くなってきたので
エアコン効いた洋館へ避難。
 
しばし館内を見て回り
応接間風のお部屋にイン。
 
ケータリングの料理が
テーブルいっぱいに置かれ
会のスタート。
 
はじめに今日の
主旨を伝えるべくお話しをして
妹から花束のお渡し
 
 
お父さんとお母さんから
ひと言もらって会のスタート。
 
2人とも顔をくしゃくしゃにして
とっても嬉しそうだったな。
 
そして何よりも
食べることがお楽しみの
我が家みんなの好物に
こだわってオーダーした料理。
 
結婚式より豪華で
それはもう美味しく皆で舌つづみ。
ほらわいわいしてるでしょ?
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

贈ったモノは

妹夫婦とうちの愛犬と
家族のショット
+プラス
母が大事に育てている
庭の花の写真を撮りためて
 
1冊にまとめたアルバムが
私からの贈り物。
 
 
父の好きな本格的な
チョコレートのホールケーキ。
 
母のイメージに合わせた
オールドピンクの花束。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花束エピソード

金婚式の花束を
高校時代の友人にお願いした。
 
「子どもっぽくなくそれでいて
淋しくもならないように…」
 
そんなアバウトなオーダーの
イメージをはるかに超えた
アレンジをしてくれた!
 
凛としたカラーを
彩度の違うピンク系でまとめて
 
いろんなカタチの花びらが
なんともはんなり大人っぽい
 
ストライプフリルの
オールドピンクカーネーションは
お母さんへのメッセージかな。
 
いろんな想いを束ねてくれて
本当にありがとう…ナルミへ
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いくつになっても

若く見られるのは嬉しいし
女性であればやはり
テンションを上げる魔法。
 
この日のために母は
何日も前から
パーマカラーをし
 
暑くても寒くてもOKで
座っても食べても疲れない
おしゃれな服を買い
 
当日はプロ技で
ヘアもメイクも仕上げて…
若見えならぬ若返り(笑)
 
そんなこんなで
バタバタしながらも
気合で元気な数日でした。
 
ちょっとだけ日常を
離れることも良かったのかも。
 
次は姪っ子が中学にあがるとき
夜景のキレイなホテルの
最上階レストランで
ディナーバイキングになりそうです。
 
最近になって特に思うのは
親はいつまでも
今と同じではないということ。
 
大事にしている庭のお手入れも
友だちの家に出かけたり
好きなものを食べることさえ
年々できなくなっています。
 
来年は行けるかな
あと何回できるのかな
と数えるようになってきました。
 
最近は父もいつの間にか
視力の不安からか
車の運転もめっきり少なくなり
出かけなくなりました。
 
今年の年末はまだいつも通り
家族6人と1匹で
思い思いに食べて呑んで
ゆっくり年を
越せるのではないかなと
思ってはいるのですが。
 
変わらぬ日常が宝物
大切に暮らしていきたいものです。
 
今夜も最後までお読みいただきありがとうございました。。。柴田りか☆彡
★プレゼント中★ この機会に無料プレゼントを受け取ってあなたも今すぐ始めてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*