fbpx

知らないと損するPTAメリットと学校での髪服TPO

学校役員PTA
学校役員PTA

今夜も役員広報部会。学校創立百周年記念イヤー。

「PTAってなにやるの?」
「メリットはあるのかな」
「会議に親睦会に卒業式…」
「髪と服はどうしたら?」
「学年部会長になっちゃった」
「会議の進行はどのように?」

「人づきあいめんどくさい」

 
PTAの活動は希に
専門学校でもあったりしますが
ほとんどは保育園から高校まで。
 
中学や高校では
ママも40代が多くなり
ある程度重めの役職が
ついたりしますね。
 
今回はPTAのメリット
目的別の髪型・服装について
 
明日は
役員についてのあれこれ
問題解決と楽しみ方まで
 
2日に分けて
書き出していきますね。
 
 

 
ちなみに私は
人と繋がるのが好きなので
長男が保育園のころから
ずっと広報委員
 
その時々で父母会会長
学年部会長やPTA副会長
現在は娘の通う高校の
評議員をさせていただいてます。
 

メリットたくさんPTA

先ずは担任先生や部活顧問
会によっては校長まで
さまざまな機会を通して
顔見知りとなり
声をかけてもらったり
学校が行きやすい場所になります。
 
情報交換会やイベント
校外セミナーなどは
役員しか参加できないものも多く
子どもまわりの最新事情が分かり
自分の学びにもなります。
 
もちろんママ友もでき
その家族とも親しくなれて
子ども同士のトラブルが起きれば
誰よりも先に教えてくれたりします。
 
そして最大のメリットは何といっても
誰と合う合わないとか
仕事が出来るできないに関わらず
・自分の親が
・人の輪の中にいて
・トラブルにぶつかりながらも
・無き笑い頑張る姿を
目の前でわが子に
見せる機会となります。
 
人は自我が芽生えるあたりから
まわりの大人たちの関係を
・肌で感じ
・自らの属性を自覚し
・集団の中での
・立ち位置や居場所
・その中で出来ることと役割
を学ぶと言われています。
 
長い人生
学校を出てからも人は死ぬまで
・まわりと関わり
・互いに助け合い
・人の役に立ちながら
生きていくのですから
 
PTA=各学校で組織された
保護者と教職員による
社会教育関係団体
は町内会や子ども会と同じように
 
時間をかけて
体験を積む場であり
教科書では教われない
大事な機会といえます。
 

TPO別の髪型と服装

参観日や会議

学校に出向く場合は
個々の校風にもよりますが
 
間違いないポイントは
カジュアルすぎず
きっちり過ぎず
という曖昧な
中間のイメージです。
 
例えば髪型なら長さや
結う下ろすに関わらず
・ぐちゃぐちゃしていない
・整えた清潔感
・控えめな髪留め
といったところですし
 
服装もそれに合うように
丸首Tシャツにダメージジーンズ
サンダルよりは
・ラフめのジャケット
・ブラウスやYシャツ系
・ワンピースやコンサバパンツ
・ヒール低めのパンプス
・きれいめシューズ 
・清楚なアクセサリー
などで色柄が派手すぎなければ
意識しすぎない程度で大丈夫です。
 
 
 

校外での懇談会・ディナー

基本的には上記の
校内行事と同じイメージでOKですが

開催場所が高級ホテルであれば
少しお出かけ仕様でセミフォーマル
居酒屋であれば
少しカジュアルダウン

というように
行先のイメージに合わせると
悪目立ちすることはありません。

どうしても気になる場合は
担当先生や一緒に出席するママ友に
一言聞けると安心ですね。

 

記念式典や入学・卒業式

こちらは学校サイドとしても
フォーマルが求められますが
 
親の立場としては
主役ではないので
少し控えめの
セミフォーマルとなります。
 
髪型・服装共に
結婚式お呼ばれゲストの
目立つ飾りを
ひとつ外す感じです。
 
とくに40代ママであれば
髪のツヤとボリュームは
きちんと感を出すのに必須なので
しっかり意識したいですね。
 
入学式はじめ
春夏はパステルではなく
彩度控えめの白め明るめ淡い色
 
秋冬式典は暖色よりは寒色系の
紺・グレー・黒に近いチャコール
 
卒業式は必ずではないですが
先生方含め
フォーマル感あふれる
黒がほとんどですので
物足りないのであれば
バックや靴で少し挿し色
あってもよいです。
 
またお持ちであれば
こういう機会に
ぜひ!お着物お召しになって
いただきたいものです。
 
一つ紋の色無地や
訪問着がぴったりの装いで
色は黒だと格が上がり過ぎるので
 
ぎんぎらぎんや
ビビットカラーでなく
控えめなお母さんの
イメージ着物でオールOKです。
 
参考まで
着物今から買いに行くでしょ?
一着そろえれば一生安泰。
http://shibatarika.info/for-kimono

 

 

運動会・親子レク・学習発表会

ちなみにこちらは
行事の内容に合わせて
何でも自由です。
 
 
 
 
 

独り言つぶやき

学校って人と関わる点で
社会の縮図のようなもの。
わたしたちも子ども時代
そこを経て大人になりました。
 
親となった今
子どもたちに
なにを教えてあげられるか…
 
なんて実はおこがましくて
振り返って思うこと。
 
早寝早起き教えて
好き嫌いなく
なんでも食べられるように
それくらいしか
親の役割はないなって。
 
子どもは家庭を飛び出し
外のフィールドで
信じられないスピードで
自分で大人になっていきます。
 
親が何か伝えられるとしたら
やっている背中を見せることだけ。
 
子育て卒業が近い私は
そんなことを感じています。
 
 
 
 
 
では続きは明日また
21時にブログアップします。
ここまで読んでいただき
ありがとうございました。。。柴田りか
★プレゼント中★ この機会に無料プレゼントを受け取ってあなたも今すぐ始めてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*