美容室のリアルデータでみる脱毛や薄毛になりやすいタイプ

抜け毛と脱毛
 
 
自分の頭皮の状態
【つむじ】
合わせ鏡でじっくり
見ることありますか?
 
元気いっぱい
若々しく見える大人女性は
もれなくトップに高さがある人
 
やはり髪のボリュームが
イメージを決めると言っても
過言ではないです。
 

脱毛に気づいたら

美容師として
お客様を担当していると
 
とつぜん
円形脱毛ができていたり
皮膚が赤く
炎症が起きていることがあります。
 
本人は気づいていないことが多いですが
今日からのケアもあるので
早めにお知らせしています。
 
脱毛に関しては
保育園児から大人まで
年代問わずいらっしゃるのですが
 
皮膚科へまず行って
極度のストレスが原因の場合
心療内科を紹介されることもあります。
 
どんな治療をするのか
不安になる方も多く
 
自分が湿疹出たときは
患部に直接スプレーする薬と
アレルギー対応の錠剤を
処方されたことをお伝えしています。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな方がどんな症状で?

 

■一番小さい子どもだと
年中くらいのボクが
耳の後ろあたりに
ふわっと丸く
左右対称に脱毛あり。
 
男性の方は大人も
この場所に出る方が多い。
 
そのボクはふだん
大人しくとても優しい賢い子で
下の弟が生まれて
1、2年たったころでした。
 
ママがとても心配してましたが
大きくなって自然に治りました。
 
■もう少し大きい子だと
中学受験を控えた
小学6年生の女の子。
 
その子も年中のボクと
似た雰囲気を持った子でしたが
 
塾でも家でも
勉強して集中すると
てっぺんの髪の毛を
いじるのがクセになり
知らぬ間に抜いていたそうです。
 
無事に希望中学に合格し
しばらくして自然に治りました。
 
他に子どもの似たような症例で
もみあげを引っ張って抜け毛
 
また引っ張った髪の毛を
指に巻きつけるクセで
うっ血という例も…
ひどくなると壊死し切断と
言われたそうです。
 
■中学生の優しい雰囲気の
ちょっと人見知り男子は
 
トップに小さな脱毛が
点々とできました。
 
身長も急激に伸び
心も体も
大きく変化するタイミングで
 
ホルモンのバランスが
崩れたのかもしれません。
 
思春期の男子は
それは気に病んでましたし
ママは良いシャンプーを
買いに来ましたが
 
先ずは治療が必須なので
皮膚科をおすすめし
時間をかけてゆっくり直しました。
 
■社会人の40代女性は
とても高いスキルを求められる
責任の重い仕事をしている方です。
 
耳から上に
大小の脱毛が
何個かできました。
 
分けめができない髪型にし
数か月皮膚科に通い
減ったり増えたりしながら
完治しました。
 
■40代で要職についた女性は
いつも前向き元気で明るい
責任感の強い方でしたが
2年ほどして
つむじが丸く抜けました。
 
シャンプーを低刺激のものにし
頭皮に負荷のかからない
短めのボブにして今は
ほとんど完治しています。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脱毛の予備軍とは

髪全体で見たときに
明らかにつむじまわりだけ薄い。
 
頭頂部のみ赤かったり
皮膚が硬くて青黒かったり
 
言うなればSOSサイン
予兆の症状があります。
 
本日担当した40代女性は
トップの毛が細くなり
かなり赤みを帯びて
皮膚が薄くなっていた。
 
あらためて低刺激の
シャンプーをすすめ
指の腹での
ごく弱いタッチで洗うことや
ぬるめシャワーで
よくすすぐことをお伝え。
 
そして何といっても
たぶん一番の原因である
セルフカラー。
 
頭皮につかないよう
泡タイプカラーはやめること。
ヘナカラーの検討。
 
これまでの2週間ごと白髪染めから
2か月まで間をあける方法提案
 
➡元の結い髪を
軽めのボブにして
前髪を大きく下ろし
頭皮の負荷と
分け目をなくす髪型に。
 
これまでシャンプー後は
100%ドライしていたとのこと。
➡乾きにくく毛も太い
襟足を中心にドライヤー
頭頂部は8割ドライに。
 
念のため皮膚科へ行ってみて
これ以上症状が進まないよう
気をつけていくことになりました。
 
ちなみに契約店以外に
出回らない商品なのですが…
おすすめしたケア商品は
 
Re:シリーズのシャンプー&トリートメント
http://www.adjuvant.co.jp/product/reseries/re.html
 
こちらはヘッドスパにも使える
お砂糖をベースにしたような
成分構成なので
 
血流を頭頂部まであげるために
シャンプー&トリートメント時の
毎日続けるマッサージが効果的
 
ツボを意識し間違えて押すよりは
ソフトタッチで全体を
くまなく優しく撫でる方が
間違いないと伝えております。
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いろいろな例をあげましたが

やりがちな大問題がふたつ

脱毛を隠すために
皮膚を黒くして
目立たなくする何かをつける。
よけい頭皮が悪くなります。
 
また本人判断での
最大の間違いは
 
「○○なのでそれが治る
(またはそれに効く)
ケア剤ないですか?」
 
頭皮に症状が出てきたら
迷わず病院ですよ!
 
美容室では
治療できないし
数あるケア剤は
健康ありき前提の商品であり
薬ではありませんので。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後になりますが

 
いつまでも若々しくいるためには
エイジング問題のめだってくる
35才あたりから
日々頭皮に気を配り
 
健康を保ち
ボリュームをキープする
これに尽きますね。
 
では今夜はこの辺で
本日もここまでお読みいただきありがとうございます。。。。。柴田りか
★プレゼント中★ この機会に無料プレゼントを受け取ってあなたも今すぐ始めてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*