死に至る不眠症と早寝・早起き・朝ごはんの驚くべき影響

これって更年期?

  • 寝つけない
  • 夜中に目が覚める
  • 朝すごく早く目が覚める
  • 日中とてつもない睡魔に襲われる
大人女性そこのところ
ふわっとしていてはダメです。
 
不眠を軽く考えていると
若見えどころか
7才老け見えまっしぐら!
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生活習慣とことわざ

昨夜のブログ
子どもに親ができることで
「早寝・早起き・朝ごはん」
と書いたのですが
 
「なにそれ分かってるし」
「はいはいそんなことか…」
 
と思われたあなた
自分もちゃんと
実行してるでしょうか。
 
もちろん仕事に家事
育児もあれば
ちょうどよくならない日常は
当たり前かもしれません。
 
ですが体も心も脅かす
とても危険な睡眠障害
 
どう暮らすのがベターか
知っておくことは必要です。
 
ことわざや言い伝えのように
昔から残っている言葉は
一理あるとかのレベルでなく
  • 本当に実践的な
  • 生活に根差した
  • 宝物のように大事なことが
  • ぎっちり詰まっていて
  • 子どもにもわかるくらいに
  • 最もシンプルな形で完結している
今夜は私のまわりの
リアルな人々の事例をあげて
「早寝・早起き・朝ごはん」
の驚くべき影響
 
➡正しくは
「早寝早起き病知らず」
ですけどもね。
 
今すぐ始めたい
体内時計を熱く提案いたします。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リアルな人々

1:早寝・早起き・朝ごはん

100%実践している
3人姉妹のおうちの話し
 
結果でいうと3人ともに
文武両道で
学業・習字においては
超のつく優秀
 
得意の英語は全国大会レベル
ほか部活は陸上と
ヒップホップダンス
 
取り巻くどの友だちに聞いても
可愛い・優しい・親切・穏やか
 
エピソードでは
「テスト前でも自分も復習になるから
といって一生懸命教えてくれる」
 
これは育ちの影響が大としても
どうやら集中力がハンパないらしい。
 
教育方針は子ども本人が主体
全て決めさせているので
自動的に自ら成長していくのですが
ひとつ実践したことがあると。
 
お座りができるように
なったらすぐに
「黙って人のお話しを聞く」
それを少しずつ
時間を伸ばしていくという。
 
親が教えたのは集中力と
体と心を病まない
早寝・早起き・朝ごはん
 
ご近所さんの情報によると
家族みんなで10時消灯
6時間寝て4時には起きて
勉強➡朝ごはん
 
始発6時で学校へ行き
勉強➡授業
 
すっかり目が覚め
体が最も活動モードになっての
1時間めスタート
 
授業に集中できますし
試験も受験も
いつも通りで受けられるのです。
 
高校生になると
部活も遅いので
帰りは10時近くなりますが
 
なるべくいつもの時間で
暮らすとのこと。
 
テレビは興味あるのを選んで録画し
少しだけ見ているようです。
 

2:昼夜逆転

自分の部屋を持った中学生
深夜までゲームに没頭し
親の気づかぬうちに
重い睡眠障害に。
 
完全に昼夜逆転で
学校では眠くてだるくて
本当につらく
登校できなくなりました。
 
みんな仲良しの
クラスメイトたちとの
思い出にと
頑張って修学旅行に
出かけたのですが
 
乗り物も活動も
体調不良で全てが辛く
大変だった。
 
もともと元気で
何でもできる
人気者なのですが
簡単には元に戻れず
 
病院に通いながら
今は特別な学校に通っています。
 

3:うつ病

憧れの東京
上京しての新しい生活
 
仕事・プライベートでの
過度のストレスが原因の
発症のようですが
 
その後は地元に戻り
仕事を転々とし
深夜のカラオケボックス
勤務により重症化。
 
やはり昼夜逆転で
熟睡できず食欲も失い
痩せていく一方。
 
1人で暮らす大人だと
自分も気づかず
家族の発見も遅れがち。
 
何年たっても
ことあるごとに
精神的に追い込まれると
悪い症状が繰り返されます。
 
あなたもご存じのとおり
うつ病は自分で自分の命を
絶ちたい衝動に駆られる
とても危険で完治の難しい病気。
 
薬での治療を受けていても
本人でもどうしようもない
事態が急に起こったりするのです。
 
家族と周りの人間が
病気を理解し寄り添い
対処することがとっても大事。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体内時計を整える

人は太古の昔から
24時間お日様に合わせて
生きてきました。
 
現代は光も情報も
昼夜なくだだ漏れ
自分で意識して
調整するしかありません。
 
危惧されるのは
寝る直前まで
チェックしているスマホ。
 
赤ちゃんから年寄りまで
【人類皆スマホの虜】
 
大人であっても
自分を制御できない
ある種新しい現代病です。
 
今日から体内時計の
存在を知り理解を深め
日々できることを
実践していきましょう!

1:朝日を浴びる

体内時計は光によってリセット
 
朝起きて太陽の光が眼に入ると
その刺激で次の24時間が始まる。
 
逆に変な時間に強い光を浴びると
体内時計は乱れ
不眠へとつながります。
 
そうです!ブルーライトで
深夜のスマホやパソコン
テレビは要注意。
 
寝る1時間前には
40°くらいのお風呂に
ゆっくり浸かり
運動同様の体温をあげ
 
そのあと体の熱が
少し覚めてから寝ると
副交感神経が優位となり
リラックスして寝られるそう。
 
好きな音楽を聞いたり
アロマの香りも効果的。

2:体内リズムの乱れ

抜け毛と脱毛

夜更かしや昼夜が逆転した暮らし
休みの朝の寝坊など
生活の乱れは体内リズムに影響
 
日中ぼーっとしたり
疲れがたまり
眠れないなど
そんな不調が出てきます。
 
ほかにも光を通さない
遮光カーテンで
朝日を浴びない
また夜も昼のように
電気で明るい環境で
昼夜逆転の生活をになると
体内リズムの乱れが進むことに
 
秋から冬にかけて
気分が落ち込む
季節性感情障害
 
太陽が昇る時刻が徐々に遅くなり
朝の光が足りなくなるせい?
 
朝に人工的な強い光を
浴びさせる治療が有効なことから
 
体内時計のリズムを
一定に保つのが
メンタル面の健康には
欠かせないということです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3:眠りの時差ボケ

平日と休日の
睡眠時間のずれは
ソーシャルジェットラグと言われ
 
一度ずれてしまうと
なかなか元には戻せない。
 
土日の二日間
寝坊しただけで
 
週明けの前半まで
眠気や日中の疲労感を
引きずってしまうのです。
 
それが世に言う
ブルーマンデーで
脳梗塞や自殺も
多いというデータも。
 
起きるも寝るも
毎日1時間以内の差で
おさめるよう
意識づけが大事です。
 
ソーシャル・ジェットラグが
長いほど
 
BMIが高く体脂肪量が多め
メタボ率も高い
 
また勉強などの習熟度も
落ちる傾向にあります。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4:朝ごはんの役目

体内時計は光でリセットされ
体全体のリズムをも整えます。
 
あらゆる臓器にも影響するので
栄養バランスの整った
朝食の刺激は大切。
  • 朝日を浴び
  • 朝食をとり
  • 1日の活動をスタート
これが守られず
朝食抜きといった
日々を過ごしていると
 
生活リズムが乱れ
眠りに支障が出始めて
 
結果心と体両方の
健康を損なうことになる。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まとめ

生活習慣とことわざ
 ➡どんなに大事かということ
 
リアルな人々
1:早寝・早起き・朝ごはん
 ➡こんなに効果的
 
2:昼夜逆転
 ➡体が動かなくなる
 
3:うつ病
 ➡精神的な病気に
 
体内時計を整える
 お日様に合わせて生きる
 
1:朝日を浴びる
 ➡リセットできる
 
2:体内リズムの乱れ
 ➡さまざまな体調不良
 
4:朝ごはんの役目
 ➡あらゆる臓器に影響
 
人生の中でもたくさんの
時間を占める睡眠
 
最近では寝すぎも寝なさすぎも
良くないと言われてて
 
高校生あたりから大人は
6~7時間睡眠が
長生きの秘訣とのこと。
 
また昼寝も必要ながらも
寝過ぎるとバランス崩すので
15分から長くて30分
 
目を閉じるだけでも
脳がスッキリするし
熟睡までしないのが
良いのです。
 
ひと口に眠りと言っても
調べるほどに奥深い
心と体と若見えに直結のテーマでした。
 
さて
早寝・早起き・朝ごはん
できることから実践しましょうね。
 
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。。。柴田りかでした☆彡
 
 

 

https://shibatarika.info/about-health-2
 
#7才若見え
#大人R40サロン
#shibatarikainfo
#美容師Rのブログ
 
 
20181107
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*