大人おしゃれ着物コーデは色と柄合わせ@和装のススメ

私の帯
 
 
女性が着物を着るタイミング
それは40代から一気に増えます。
 
お出かけシーンは
子どもの卒入学と七五三
親戚や同僚
友人の子どもの結婚式
 
今日は
着物を着るタイミングの
全てに使える
 
着物の種類と
そのコーディネイト
TPO別の注意点
色と柄合わせをご提案します。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

着物のススメ

私の帯

洋服の場合
  • 太ると着れなくなる
  • 1年で流行が変わる
  • 大人は安っぽいものは着れない
  • 新調すれば靴やバッグ・アクセサリーも…
このようにどんどん
ハードルが上がります。
 
その点着物なら
  • 第一礼装で間違いがない
  • ある程度サイズフリー
  • 誰ともかぶらない
  • 年配にも受けがいい
  • 一着をずっと着まわせる
  • コーデを変えてアレンジできる
  • 年に合わせてイメージチェンジ
どうでしょうか?
極端に太らなければ
一生着れますし
 
出掛け先では
間違いのないキチンと感
いいことだらけじゃないですか。
 
好きなコーディネイトを
揃えてしまえば
一生通じて着られる
 
お仕度やみけし洗い分を入れても
体型が変わったり
何かあるたびに
シーンに合わせて
フルセットで洋服とバッグ
靴アクセサリー買い替えるより
断然お得です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

万能な一着は訪問着

肩から裾につながる
美しい通し柄の着物。
 
定義では
上前の衽(おくみ)から
背縫いにかけて
体を巻くように続く
絵羽(えば)模様が特徴
 
色・柄ともに
さまざまなタイプがあるので
自分好みの一着を選び
個性を発揮できる。
 
訪問着は
親や親せき・家のどこかに
一着はありますし
 
着物も帯も
自分好みを選ぶなら
 
古着屋やネットでそれぞれ
掘り出し物五千円から
一万円あれば買えます。
 
紋を入れるなら
一つ紋か三つ紋まで
 
五つ紋になると格が上がりすぎて
主役級になってしまうので
着まわせるシーンが限定されます。
 
横幅は
胸もとの襟が前で合わさればOK
広めなのは着付けで調整できます。
 
袖丈は自然に腕をおろして
ちょうど手首までか少し短め
手の甲にかかり過ぎはNGです。
 
着物のすそは
袖の長さと身長で比例するので
気にしなくて大丈夫。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

着物の王道色

赤・黒・白・金・銀
 
どんなコーデで
何と合わせても
合うと言われる王道色です。
 
赤と黒以外は
バックや草履
帯締め・帯揚げ・重ね襟
髪飾りにも通じます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色と柄の選び方

着物も帯も
40代大人女性で
キレイなお姉さん目指すなら
  • 王道はギラギラしない金地
  • くすみ系の暗くない色生地
  • かざすと地模様のある生地
  • 柄が少し大きめモダン
くすみ系とは
うぐいす色・桜色・からし色など
 
モダンとは柄の描き方が
シンプルで抽象的なこと
 
古典柄とは描写が細かく
どちらかというと写実的
 
着物が古典柄ならトータルで古典に
(人物画や御所車・鳳凰・鶴などの柄)
 
着物の地色を暗く寄せるとカジュアルダウン
場合によっては夜向きや下品に見えることも
(イメージ=夜のパーティの司会者的な)
黒・濃い金・グレー・紫・紺・青・深い緑
 
ほか
柄が細かいと昔くさい
柄が大きすぎると若作りに➡振袖風
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問着はセミフォーマル

第一礼装は黒留袖で
新郎新婦の親
近い身内は色留袖となるので
ゲストの立場では避ける
 
帯を豪華にすることで
訪問着の中でも
格が上がり
式を華やかに彩る。
 
例えばどこの家にもある
金地におめでたい柄の帯
 
着物が金地ならば
白めのシルバー帯
 
着物の地色より
濃いめにすると引き締まるが
あまり黒っぽくなると
カジュアル感が増すので注意
 
帯の柄は細かいほど主張しなくなり
大きいほど若く派手・モダンに
 
40代で出過ぎず上品なのは
中サイズの柄
 
ネット画像で見まわしてみると
柄のサイズ感が分かりますよ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TPOとコーディネイト

例えば着物も帯もともに
王道のギラギラしない金色の場合
 
着物の柄が多めであれば
帯は無地または柄少なめ
その逆コーデもOK。
 
そこに挿し色で
帯締め・帯揚げ・重ね襟の
小物を効かせる。
 
普通この3点は同色セット
なかにはバッグ草履まで
揃ったものもある。
 
■大人可愛い
フェミニンに寄せるなら
渋めの紅色
 
赤すぎると
若作りに見えるのでNG
 
■クールを目指すなら
濃いめかくすんだ緑や青
黒すぎないグレーもカッコいい
(黒はあるが喪なので絶対使わない)
 
寒色系は小物でも数が少なく
ライバルに差をつけるならこれ!
 
■オレンジ系なら彩度は控えめ
濃いめの橙色にして
全体的に同系色でまとめる。
 
出過ぎない楚々としたイメージで
母としての学校式典や
親戚の結婚式では
誰にも指さされない優しいコーデ。
 
■近い身内の結婚式など
格を上げるなら
濃いめのしっかりしたゴールド
 
シルバーならボケないように
ラメ感の強いキラキラした素材を。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大人に難しい色合わせ

だいだい色は補色どうしで
緑と合わせるのが基本だが
他の色とは合わせづらく
組み合わせパターンは広がらない。
 
顔に近い部分が
白っぽいオレンジだと
ぼけて貧相になり
対する濃いめのオレンジだと
顔色も沈みくすんで見えがち。
 
さらには合わせる緑も
パッとした濃いのだと
成人式風
 
くすんだり薄い緑だと
全体に締まりがなくなる。
 
かといって
他の色だと
白・金・銀しか合わず
全体にぼんやり
 
補色の紫や水色
黄色もボケる
 
赤は合わなくはないが
若作りに見えるし
やはり大人女性には難しい色。
 
 
 
どうでしょうか?
少しは着物初めの
ハードル下がったでしょうか。
 
自分も結婚した時に
訪問着を母に作ってもらい
30才の息子の百日参りから
 
今もずーーーっと
1着を着まわしています。
いったい何回着たんだろうと
言うくらいです。
 
柄・色・質感
小物や組み合わせによる
どこまでも広がるバリエーション
 
日本に着物があってよかった…
知れば知るほど大好きなモノ。
 
今からのシーズンですと
結婚式や七五三
娘さんの成人式
卒業式の準備が始まりますね。
 
自分の手持ちのもので
着るにもわからないことあれば
質問にお答えできます。
 
こちらかツイッターに
コメントまたは
ダイレクトメッセージを
遠慮なくお送りください。
 
https://twitter.com/asbeefree
 
色物のコーディネイトに関しては
写真データがあると
なおよいですね…早くLINE@立ち上げます(汗)
 
ではうちの娘も
来年は卒業式
3年後は成人式
2人の子の母。。。。。柴田りかでした。
 
20181011

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 金木犀の星 より:

    はじめまして。
    で、30後半にオススメの柄と色を教えてください。
    同じ色でもダメな色の方が多くて、よくわからない。
    緑も濃いも薄いもだめ、じゃどの緑よ?となりました。
    上で彩度が低い橙がいいとあるのに、次に薄い橙はNGとある。
    もうどの色がいいのか、結局似合うのはゴールドと灰色だけですよね。
    着物が好きなのに、悲しいしショックでした。

    1. 柴田 りか より:

      この度はコメントいただきありがとうございます。お着物お好きなのですね。先ずはじめに「悲しいしショックでした」とのこと、似合うお着物が分かるように伝えることができずすみませんでした。

      橙色について
      「彩度が低い」と「薄い」は違う意味合いとなります。彩度は鮮やかさの度合いなので、彩度が低い色とは薄いのではなく、くすんだ・スモーキーな・落ち着いた色味のことをさします。

      ですので顔色や瞳・髪の色でも顔映りの良い色は人それぞれですが、何色が似合うかと聞かれれば、ご自身の好きな色をベースに考えて良いのですよ。橙でも緑でもほかの色でも「鮮やか過ぎず薄すぎず」「彩度の低い落ち着いた色」を選んで下さいということです。

      例えば橙なら朱色や茶・渋い金に寄せて、緑ならモスグリーンとか鶯色、ピンクでも深い桜色や紅色もステキです。イメージとしては着物も帯も小物も、全体的に落ち着いたトーンを意識することですね。

      柄についても概ね同じような感じで、好きな柄でも良いのですが、大きすぎず細かすぎずが、派手に外れず老けた印象にもなりづらくなります。

      30代スタートで今もこれからも長く楽しめる、カッコいいとかはんなり素敵とか、大人にしか着こなせない自分だけのコーディネイトを完成させてくださいね。

コメントを残す

*