残暑の悩み「オトナ女子の夏枯れ肌」を復活させる方法

夏枯れ肌

「クーラーで顔がぱさぱさ」

「ごわごわしてシワが深くなって」

「汗のせいでいつもひりひり」

「紫外線でどうなっちゃた?」

「すっかりくすんで夏バテ顔…」

 

今年も酷暑な夏でした。

日には当たらないようにしたものの

なに?肌枯れちゃった?

季節の変わりめ特有の

肌トラブル

たった今リセットして

秋冬に向けて準備始めましょう!

毛穴詰まりをオフから始める

夏枯れ肌

クレンジングや洗顔で

要らなくなった角質と汚れ

ざらざらする小鼻を

指の腹で優しく洗う。

強くこするのは

悪い影響しかない。

 

きめが乱れてごわごわ

不要な角質を落とす場合は

酵素入りなどの洗顔料で

朝も晩もマッサージすることが大事。

 

乾燥でぱさぱさ

紫外線ダメージが

蓄積されているかも。

洗顔後すぐに

オイルでマッサージが効果的。

血行も促進され

保湿もできて一石二鳥。

その後でいつもの

スキンケアを。

 

赤くてヒリヒリ

強い日差しなど

外的なストレスにより

一時的に敏感肌になってるのでは?

肌のバリア機能を整えるため

乳液やクリームなど

油分をプラスして保湿。

普段からアレルギーなどの

症状があるあなたは

先ずは病院!

 

目まわりのシワが…

目元のシワは

下まぶたを気にする方多数。

ですがそれと同時に

眉間には縦の深いシワ

上まぶたには畳のように

細かい割れジワも出てくるので

目まわりは全体の

ケアに気をつける。

▶マッサージ

滑りの良い

クリームをつける。

目頭に人差し指をあて

指1本ずつ目尻に向かって

移動しながら優しくプッシュ。

人差し指から薬指までの

3本の指の腹で

上まぶたからこめかみまで

優しくなぞる。

仕上げの美容液は

眉間から頬骨の

高い部分まで広めに

伸ばすのが効果的。

 

顔色悪いのは疲れから?

乾燥によるくすみや

40代のエイジング肌が原因。

ささっとケアを終わらせず

水分チャージの美容液や

蓋する働きのクリームをプラス。

 

肌が敏感な時のエイジングケアは

鎮静作用のある化粧水で

潤いケアをしながら

オイルやクリームなどで保護。

免疫力をあげてから

いつも通りのエイジングケアを。

 

化粧水でしっとりならない

紫外線などのダメージにより

肌が硬くなると

浸透しにくくなるので

化粧水をたっぷり

コットンに含ませ

優しくパッティング。

もっちり柔らかく

吸いつく感じまで

重ね付けする。

 

日々の積み重ねが大事

加齢や紫外線ダメージなどで

真皮層が変性したり

表情筋も衰える。

美容液を馴染ませる時に

マッサージを。

▶マッサージ

美容液をつけ

鼻筋から口角下まで

ほうれい線をたどり

中指の腹を使って

垂直にプッシュ。

細かく丁寧に

プッシュすることで

凝り固まったシワをほぐす。

 

ファンデのノリが悪い!

乾燥してごわごわしていると

ファンデがうまくのらない。

メイク前にシートマスクをする

マッサージをするなどして

肌を柔らかくするとOK。

 

唇が乾き・シワ・色も冴えない。

唇には皮脂腺がないので

とても乾燥しやすい。

さらに加齢とともに

くすみが出てくるので

唇まわりを

良くマッサージして

血行をあげて。

 

朝から目の下クマ

ハリを出すのに

ホットタオルで温め

冷水をあてると

気持ちよく

肌代謝もあがる。

血行促進の応急措置で

目元のむくみも取れる。

アフターに優しく

美容液をなじませて。

 

頬と目元は乾燥

Tゾーンべたべた

化粧水で水分と油分の

バランスを整えて。

化粧水のパッティングで

肌を鎮静。

各層深くまで潤いを届ける。

 

水分補給でリカバリー

紫外線の影響を受けやすいあなたは

吹き出物ができやすかったり

キメが粗くなったりしがち。

汗もかきやすく

皮脂分泌がアンバランスに。

シートマスクなどで

各層のすみずみまで

潤いを与えて

重すぎないクリームで

蓋をして保湿を。

▶マッサージ

両手で頬を包み込み

温もりを感じながらハンドプレス。

丁寧にきちんと

肌に浸透しているのを

確かめて行う。

 

 

 

ひと夏を過ごした肌は

たくさんのトラブルを抱えています。

今すぐリセットして

秋冬のおしゃれに

一歩踏み出してくださいね。

 

 

 

 

今夜もここまでお読みいただき

ありがとうございました。

また21時でアップいたします。。。柴田りか

★プレゼント中★ この機会に無料プレゼントを受け取ってあなたも今すぐ始めてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*