ここからどう生きる?変わる体と心@秋の夜長とアラフィフと

秋の夜長
皆さん有意義な時間を
過ごせているでしょうか。
 
仕事もプライベートも
激動の20~30代を思い返すと
今の生活パターンにすっかり馴染み
 
社会人の自立した大人女性として
妻・母としての位置も確立
 
家に帰れば
自分だけの時間
急に増える頃合いと言えます。
 
そのように自由な中でも
「繰り返すだけの毎日がつまらない」
「飽きたうんざり」という声が
聞かれるのもこのタイミングなのです。
 
ひとつ下の世代には
ぜいたくな悩みだと怒られそうですが
 
やはり更年期もあってか
精神的にもナーバスになり
 
「自分はこれでいいのか」
「この先どうなっていくのか」
そんな出口の見えない不安や
喪失感にさいなまれる女性も…
 
気分転換して前を向くには
ただやるぞーのカラ元気は逆効果
 
前を向くために
アラフィフ特有の
体と心の浮き沈み
共有したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

できなくなること

■前もって予定を立てたり
時間に合わせて行動する。
 
➡天気や体調・気分で
大きく左右される。
その日その時にならないと
実行できるか自分でも分からない。
 
■毎日コンスタントに続けている
仕事や家事でさえ
疲れた+やる気が起きない。
 
モチベーションが持たないのに
休みの日までスケジュールに
合わせて過ごすのはとても億劫に。
 
➡朝から自由に
なにも予定しばりがない中で
家事やお昼寝お買い物と
気の向くままに過ごすことが
一番の癒しになっていきます。
 
■やる気満々で効率よく
こなすことができなくなったり
できてたことが無理になる。
 
とても悲しい気分になりますが
人間は年々変化していきます。
 
➡自分を責めないで
ありのままを受け入れて
ひとつ仕事を減らし
ゆったり構えることも時には必要。
 
■がっくり落ちている時に
無理してテンション上げるのは
続くとある日ぷつっと切れます。
 
気分が沈む時はなるべく
テンションと同じ状態にして
 
静かな音楽を聞いたり
ぬるめ40℃のお風呂に浸かったり
ひとりの時間をそっと過ごすのが正解です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人づきあい

親友も家族も同僚も
どうしようもなく
煩わしいことがでてきます。
 
例えばランチやショッピング
気のおけない友だちと
楽しめていたはずの時間でも
 
ある瞬間きゅうに我に返るように
無駄な時間だ・帰りたい・疲れた
 
テンションが落ちやすいので
親しいからこその愚痴や相談ごと
聞きずらい家族ごとなど
 
今の体と心の状態では
聞き流すことも消化もできず
自分に溜まっていくこともしばしば
 
となればどっと疲れますし
ウマの合わない人相手ならなおさら。
 
大人となれば無理するのではなく
できれば上手に距離を置くこと。
誰それが正しいとか言う線引きではなく
 
ただ単に人として合わない
その場合は相手も抱く気持ちは一緒と思い
なるべく関わらずにいることがベター。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

変わる体調

聞こえてくる声
自分を振り返ってみても
ざっとこれだけ
病気未満?の不調あり。
 
  • 何となく体調悪い
  • 毎日どこかが痛い
  • 中性脂肪が高め
  • 寝られない
  • 夜中・早朝に目が覚める
  • 眠くてたまらない
  • 生理で大量経血
  • 牛乳など消化不良
  • めまい耳鳴り
  • 虫歯ないのに葉が痛い
  • 歯周病
  • 気分がうつうつ
  • 頭が前ほど回らない
  • 夜中の寝汗
  • 足のこむら返り
  • 精神的にテンション低め
  • 最低限の家事も無理
  • 寝起きで体中が痛い
  • 頚椎と足の裏が辛い
  • ヨタヨタ歩く
  • 乾燥肌と脂性肌が混在
  • 老人性乾皮症
  • 寝汗もハンパない
 
➡医者に相談しても
数値的にどこも悪くなければ
「ストレスです」でひとくくりに。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すぐできる運動と生活習慣

少し頑張って動いて疲れて
よく寝て翌朝スッキリが
続くように【努力】しましょう。
 
夕食後に足踏みでよく眠れる
➡足は第二の心臓
 
愛犬がいるあなたは
➡ご近所さんぽ
 
近くの用事は
➡車ではなく自転車
 
ゆるいストレッチやヨガ
➡無理しない程度で
 
頑張れる人は
スポーツジムに通う
➡プロのインストラクターに
自分にぴったりの
カリキュラムを組んでもらう
 
寝る1時間前には
➡40℃の熱くない湯に
ゆっくり浸かる
 
要するに元気でいるには
暇なことが良くない
 
野菜中心の粗食で
ひたすらよく噛んで
しっかり動くことが
体調回復への近道。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

介護が始まれば

1人で抱え込まず家族で相談
施設を上手に利用するのが〇
 
仕事も休める時にはゆっくりし
ケアマネに相談など人にも頼る。
 
家事は最低限を意識して
シニア用の工夫された
お惣菜を上手に使うのもよい。
➡のど越し良いもの
噛まなくてよいもの
飲みこみやすい柔らかいもの
 
老いた親と一緒に
体と心をを壊してしまうことが
最大の心配事。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あとがき

先輩方にお聞きすると
55才になればまた
心身ともに整い楽になるから
と言われます。
 
結構先の未来ですが
アラフィフのひとつ上の
世代に入っていきますね。
 
また快適に過ごせる日が
必ず来るのだと切り替えて
みんなが通る道
ゆっくり過ごしていきましょう。
 
今夜もここまでお読みいただきありがとうございました。。。柴田りか☆彡

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*