アラフォー・アラフィフのウィッグとカットと髪の伸ばし方

ウィッグ
アラフォー
アラフィフ
私のまわりではウィッグの質問や
実際に使う方が何人もいらっしゃいます。
 
まずは病気や治療などの理由で
一時的に必要になる方。

医療用フルウィッグ

まだ髪が長い状態のうちに
準備することになるので
フィッテイングでサイズを決める時には
ベリーショートにすることが多いです。
 
季節にもよりますが
実際の使用感は暑く蒸れるようで
外出時以外はなるべく被らないとのこと。
 
なので一時的なベリーショートも
せっかくなのでお洒落にかっこよく
普段できない明るめカラーで
気分転換もありです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽しみながら髪を伸ばす

ウィッグ

それから数カ月で治療が終わり
伸ばし始めるとまた
いったんベリーショートに。
 
この段階からひたすら伸ばすのは
途中がハンパでバランスが取れないので
 
耳まわりと襟足を
刈らない程度に短くすっきりさせ
前髪をアシンメトリーにカット
 
白髪があれば少し明るめにカラリング
襟足は大体まっ黒なので
かなり明るめにトーンを上げておけば
 
ベリーショートも肌に馴染み
柔らかくステキな大人女性感楽しめますね。
 
手術で額の上に横一文字に跡がある場合
その部分の毛髪はクセが変わることが多いです。
 
大体は強いうねりのあるくせが出るので
前髪が思うようにならない場合は
 
アシンメトリーで下げる片側だけ
縮毛矯正かけておけば
だいぶ根元が伸びても大丈夫。
いい感じに横に流れてくれますよ。
 
ベリーショートから一番の近道は
まずマッシュにすること。
とにかく襟足と耳まわりを切りながら
耳から上の部分を伸ばすんです。
 
それが耳まで伸びたら下を切るのを
揃えるに切り替えてあご・肩までと
扱い難しくなく自然に伸ばせますので
どうぞお試しください。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
本日の40代のお客様は
5色の秋色ダスティングカラーで
ネイルを楽しみ
よく見える耳たぶには可愛いプチピアス
 
ベリーショートをかっこよくセットできる
アップルグリーン香り人気な
スパイスハードワックスを
お持ち帰りされていきました。
 
ラフなショルダーバッグに
ざっくりワンピと
もちろん服もトータルで
目いっぱいお洒落さんでした!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

部分ウィッグ

トップが薄く
潰れるのが気になってくれば
てっぺんにのせるウィッグ
 
何人かチャレンジされましたが
つけて簡単にボリューム出せるのは良いのですが
 
・地毛のパーマやクセとカールが合わない
・色がおんなじに維持できない
・どうしても浮いて地毛と馴染んで見えない
 
自然に自分の髪みたいにつけられれば
伸びた白髪も取れたパーマも根元が隠せて
それはそれはパーフェストなのですが…
別もの乗ってます感は否めない場合が多い。

フルウィッグ

ではすっぽり被るタイプのフルウィッグ
もしお婆ちゃんだったらやたらツヤツヤ
ボリュームあること自体わりと違和感…
 
襟足と前髪の生え際を
ピンとネットでしっかり留めて
入れ込むのがまた難しい。
 
とくにもみあげ!
ボブでもショートレイヤーでも
正面から見える箇所なのだけど
ピッタリ添わせるのは…不可能に近かったです。
 
家でのお手入れもそれなりにあって
専用のシャンプーでないと
もじゃもじゃになると思われます。
 
形を整えてちゃんと丸く乾かさないと
変なクセがついて元に戻らなかったり
 
人毛でない場合ドライヤー不可のものもあるので
自分でどこまでできるか初めに確認が必要。
 
どんなウィッグをどんな専門店で
ちゃんとしたスタッフに合わせてもらうか
もちろんそれで大きく左右されるとは思いますが
 
なにぶん高価なものですので
アフターケア付きの後悔しない品をお求めください。
 
 
 
 
 
私の母も10年以上前になりますが
頭の手術で一時的にウィッグ使っていました。
 
家にいるだけの主婦でしたが
ピンポンが鳴ると慌てて被ってましたが
夏をはさんだので暑くて大変そうでした。
 
スカーフをして髪を伸ばし
結果ほとんど使っていませんでしたが
気にしていない素振りでいて
凄く隠していたなーって
 
やはり女性の髪は命
本当だと思った瞬間でした。
 
今は美容師という立場
知らないウィッグの専門スタッフよりも
いつもの担当美容師が話しやすいのかもしれません。
 
それであれば出来ることは全部
任せてもらえるよう準備しなきゃですよね。
 
今日もここまでお読みいただき
ありがとうございました。。。柴田りか
 
 
 
20181003
★プレゼント中★ この機会に無料プレゼントを受け取ってあなたも今すぐ始めてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*