50才《自分に似合う》が分からなくなるターニングポイント

全ては《髪》に良くも悪くも現れてしまう

「元気はつらつ」
「はんなり女性らしい」
「知的でハンサム」

ヘアスタイルは
その人の印象を決めるのに
とっても重要な役割を果たしてますね。

「そろそろイメチェンしたいなー」
そう感じたら先ずは髪から

簡単に今すぐ劇的に!
違う自分に出会えますよ。

・・・・・・・・・・・・・・

第一印象の7割

が髪型で決まると言われています。

人と会うと髪に目が行く。

目線の上にあり面積も広いので
印象としてインプットされやすい。

髪型にはその人の趣向
暮らし方・性格までも

現れてしまうといっても
過言ではありません。

キレイに艶やかに整っていれば
細やかな手入れができる
気遣いが行き届く人に感じるし

そこから一生懸命に、暮らしと
自分に向き合っている様子まで
伺えたりするのです。

それが何かの問題で
おろそかになっていると

全ての物事においての
向き合う姿勢
も違ってくるのかなと。

頭皮が突っ張るとか
アホ毛が増えてきたなとか

意識していればある意味
ストレスなどの
健康バロメーターにもなりえます。

髪の手入れが行き届いていれば
心の余裕があって
「お元気そう」と感じるし
表情も明るく見えますね。

・・・・・・・・・・・・・

毎日を心地よく

いつも心地よい
状態に整えておくには

毎回、担当美容師と相談して
次回のベストタイミングを
決めるといいです。

「邪魔になったな…」
となってからだと
すぐに行けないことが多い。

自分にぴったりのペースを決めて
合わせてスケジュールを
確保しておくのが大事です。

アラフィフ大人女性
身だしなみが整っていると
前向きに気持ちがしゃんとします!

・・・・・・・・・・・・・・

何が似合うか分からない

アラフィフは自分に
似合う髪が分からなくなる
ターニングポイント

なぜなら白髪が増え
アホ毛が横行し

おしゃれ染めからの
白髪染めへのシフトの時期だから。

しっかり黒めに染めれば
1週間もすれば
根元の白髪がちゃっくり伸び

カラーの頻度を上げて
地肌まで染めていると

半端ない頭皮の老化で
抜け毛が始まり薄毛まっしぐら。

ことごとくコンディションが
変わっていく髪と顔では

そりゃあこれまでと同じで
こなしていくのは至難の業ですよね。

さらには時代も流行りも
あっという間に移り変わり

年を取り
家庭・職場でのポジション

体にも心にも
加齢の変化が押し寄せてくる。

もういい加減に
ありのままを見つめ直して

現時点での
ベストの自分になるべく

時間やお金
注意を自分に向けませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・

ヘアスタイルは顔

厳密には50才からは

年を重ねるごとに
生まれ持っての容姿よりも

髪はその人の印象を左右し
その《人となり》を放ちます。

きちんと感や
誰の真似でもないセンス

性格や生活感まで
いろんな要素が
髪には現れてしまうんですね。

これまでの髪型が
等身大の自分に合わなくなったら

潔く次へと
シフトしましょ。

・・・・・・・・・・・・・・

白髪を主役に

例えば白髪の魅力
白髪が主役の髪形にすれば

真っ黒染めより
洗練されて華やか

生えた地毛も目立たないから
手抜き感もゼロで
モードな大人ヘアに。

抗うのではなくその年齢、年齢に
常に前向きな
攻めのこだわりを持つということ。

髪にかける時間を年々増やして
手間の分だけオーラを生み

メイクにも服にも勝る
自分流のおしゃれを確立していく。

・・・・・・・・・・・・・・

ここからのカラーリングは

白髪の量や多い場所に合わせて
黒髪では出せない

ごく薄い透明感いっぱいの
ペールトーン

若者が持続できない
ミルクティベージュや

ブリーチを繰り返し
青みを入れ続けて保つ
プラチナシルバー

白髪が30%であれば簡単に
おしゃれ染め1色カラーで
大人は再現できちゃうんですから。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日情報発信!
実践ノウハウは
こちらからプレゼント中
▼ ▼ ▼
(2020年3月22日現在)
 
 
ツイッターでは日々
関連情報アップしてます。
▼ ▼ ▼
 
 
取り上げてほしい悩みごとがあれば
LINEからどうぞ!
▼ ▼ ▼

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*