美肌・美白のもとは水か温泉か@旅と田舎暮らしのススメ

究極の田舎暮らし?
娘がとつぜん言った
「ここって日本で一番田舎だよね」
え?そうなの?としばし考え
 
コンビニまで2分だし
国道ルート沿いだし
インターチェンジも5分
道の駅近くの駅前住みだし
スーパーも病院も一応ある
べつに不便は…
 
「都会では味わえない
何も無いからこその
豊かさというモノも
ここにはあるのだよ」
といったら食い気味に
 
「そういうことじゃないからっ」
だって(笑)なにも怒らなくても…
 
今夜はひたすら
地元民の欲めでいいことだけ
ただただひたすら書くと決めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

青い森です。

他県から越してきた子に
「水道から六甲の水がでる!」
と言われた。
 
水が有料級でおいしいこと
ここにいると日常すぎて
気づかなかった。
 
水道水のほかにもう一本
地下水の出る蛇口もある。
 
まぁ多種多効能の温泉も
ひたすら近所にあるわけで
体にいいことに異存はない。
 
基本的に源泉の質は
体には良いが肌には向かない
アルカリ性も多く
 
出入り口に湯を流し落とす
「上がり湯」やシャワーがあるので
出るタイミングで
利用することをお勧めします。
 
ちなみに達人たちは
クルマに入浴セットかごをつけ
いつでも行けるようにしてますし
 
デリケートな顔は
温泉では洗わず
帰ってから水道水で
洗顔するとのこと。
 
髪もまたアルカリよりは
酸性に寄せたいので
私もシャンプーは
帰って家でする派です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然に囲まれて

本州最北端ですから
三方を海に囲まれ内陸は山。
 
四季の移り変わりが
はっきりしていて
 
土と芽吹きの匂いがして
今日から春だ!って
分かる時があるし
 
大して降らない梅雨のあと
とつぜん雷が来て夏の幕開け
 
急に夜風が寒くなり
カエルやセミから
一気に鈴虫にかわる秋
 
冬はもう…
普通に雪降ります(笑)
 
また折々で祭りがあり
桜祭りにねぷた
紅葉と菊人形
雪灯籠祭り
 
これは語り尽くせないので
今度にして
 
ほか弘前には
洋館多数
古くからある喫茶店には
藩士が飲んだという
始まりの珈琲があります。
 
日々の生活の中でも今は
片道40分のドライブ中
ま正面には紅葉がひろがり
 
今年もすでに18センチ
初雪済みの
テレビを賑わす
積雪量1位の酸ヶ湯もあり。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美味しいもの

りんごは山盛り
親戚から箱で何度もいただき
柔らかくなる前に
ほとんどは絞って瓶ジュースに
 
絶品ふじは藤崎生まれ
冷蔵庫で寝かせて
春まで楽しめます。
 
山菜はフキノトウ
ミズ・こごみ・たらのめ
 
魚は見た目がこわいやつ
ほや・なまこ
 
生臭くないぷりぷり筋子は
弘前駅前虹のマートが絶品
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子ども時代

学校の行き帰り
道草して学べる
虫と自分の命の危険
 
はじめに書いておきますが
社会の本に載ってるとか言う
雪が積もって2階から出入りとか
スキーで学校行くとか
普通にない。ないですからね。
 
学校では暑苦しくも
地域全員での見守り
「砂場で頭から泥かぶってるけど
いいのこれで」って
 
職場に連絡くれた方いたけど
どうしようもできないよね。うん
 
少人数だから塾状態
歩くから体が鍛えられる。
 
だんだん大きくなる学校規模
中学・高校・大学と
少しずつ外へ出て
カルチャーショックレベルの気づき
 
地方は田舎コンプレックスで
頑張るから全力おしゃれ
 
隣りの秋田は成績日本一
地元の弘前高校からは
東大も目指せる…って…え?すごい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大人になれば

通勤は全員クルマで渋滞知らず
車中はある意味マイルームで
 
DVDやらスィーツ・ドリンク
クッションにミニ毛布に
コスメポーチ・くつ5足…
ここからどこへでも出かけられる。
 
20~30代は
埼玉大宮・名古屋・仙台と
それぞれ数年暮らしてました。
 
共通語と方言つがる弁で
ある意味バイリンガル
 
他県に出ても盆正月かえれる
故郷があるっていいなって思ったし
 
青森美人は色白もち肌で
人がみんなあったかいって
言われて嬉しかったり。
 
旅をするなら
北海道函館は弾丸日帰りOK
青函トンネルが出来たころは
ドラえもん列車で楽しかったな。
 
今は新幹線と飛行機で
だいぶ東京と海外近くなりました。
 
定番観光スポットのリンク貼っておきます!
LINEトラベルjp
 
本州の一番北に位置する青森県。世界遺産の白神山地をはじめとして、奥入瀬渓流や八甲田など、豊かな自然が楽しめる観光スポットがたくさん!
田んぼアートで有名な田舎館村や、酸ヶ湯などの上質な温泉、人気のおしゃれスポット十和田市現代美術館も外せませんね。もちろん定番の恐山、弘前城もお忘れなく!りんごや大間マグロなどグルメも旅の楽しみですね。
★プレゼント中★ この機会に無料プレゼントを受け取ってあなたも今すぐ始めてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*