fbpx

結婚式で恥をかかない新郎新婦のお母さま装いとTPO

結婚式お母さまTPO
結婚式お母さまTPO

結婚式お二人を見守るお母さまの装いとTPO

結婚式ブログ

前回はこれから増える

友人子どもの式お呼ばれ

洋服よりもお着物いかが?

というテーマでした。

着物今から買いに行くでしょ?一着そろえれば一生安泰。

 

今回は40代にはまだ少し早い?

主役である新郎新婦の母として

老けず出過ぎずイタくならず

どんなお仕度をするか

について掘り下げていきます。

 

一番大事な決めごとは

両家の親の格式と

和洋スタイルが揃っていること。

 

新郎側が和装で黒留め袖

新婦側が洋装でロングドレス

ではおかしいのです。

 

列席の方々からみたときに

両家の相談がなく

不仲なのではという見方をされ

結果せっかくのお祝いの席に

土がつくことになります。

 

 

 

お着物でキメるなら

ここは第一礼装五つ紋の

黒留め袖と決まっています。

 

金地の袋帯できりりと二重太鼓に

金や白の小物

帯締め帯揚げを合わせます。

 

帯締めには後ろにこっそり

金の糸で編んだ亀の飾りが

付いていたりもします。

 

二重太鼓は羽角を出すなど

結びのアレンジもあるのですが

ひとつカジュアルダウンするので

主役の母にはお勧めできません。

 

襟もとの半襟は

白の無地が王道ですが

おめでたい柄で

金糸銀糸などの刺繍が

控えめに入る分には

常識の範ちゅうです。

 

襟の合わせの深さや

衣文の抜き(後ろ首部分)は

年齢や場所に合ったバランスがあるので

着付けしてくれる方にお任せください。

 

 

さて重要事項は髪型

ここで老けるかおしゃれになるかの

分岐点となります。

 

最近では髪飾りが多少違うくらいで

和装であっても

髪型は洋装寄りがほとんど。

 

前々からの滞りない準備が

当日の満足度を左右します。

 

馴染むタイミングをはかれば

2週間前にカットとパーマ

1週間前にカラリング。

 

前日夜は

セットが効かなくなるので

シャンプー後のトリートメントや

流さないケア剤などは

使わない方が無難。

 

とにかく前髪だけは変な分け目や

寝ぐせが付かないよう気をつけて

完全に乾いた状態で来店すると

すぐに施術に入れますね。

 

 

 

ヘアスタイルは

着物は面が広く服よりウエイト大なので

髪も大きくボリューミーに

 

本番は必ず美容師さんに

セットしてもらうでしょうから

アイロンやカーラー巻き

ブローなどをとにかく駆使して

バサバサ感は一掃し

ツヤを出すことが大事です。

 

こめかみ・もみあげ・襟足など

少しでもフワフワした毛があると

すごくやつれた疲弊感が出ます。

 

ボリュームバランスは

最終的なイメージを

大きく左右しますので

先ずどこのボリュームを

大きくするか決める。

 

トップは基本高くした方が

明らかに7才若見えに

さらに重めに前髪を下すと

ますます目の位置が

頭全体に対して下がるので

幼いといった可愛い印象に。

 

これにサイドも襟足もボリューミーだと

ただの頭でっかちになるので要注意。

 

サイドがフラットにぴっちりしていれば

変に老けることはありません。

 

襟足はタボが下がり過ぎれば

昭和の女優風…。

 

サイドの毛流れは

上にあげれば若い・成人式・いなせな祭り風

下げればまったり・優しい・お姉さん風

真横に引けば凛と・かっこいい・デキる女風

 

髪飾りはかんざしが多いですが

アシが長く

結い元のないヘアスタイルには

挿せないことがあるので

前もって相談が必要です。

 

黒い塗り地に金の模様やパール

石が付いているデザインもあり。

ほかにはべっ甲も人気。

 

 

和装でまとめ髪にしない

肩上のミディアムや

ショートカットのあなたも

やはりアイロンやワックス使いで

ツヤやかを目指してください。

 

お着物の襟につく長さは絶対NG。

事前にカットしておくか

無理やりにでもまとめるかです。

 

なぜなら襟につくと毛髪は

パカッと割れたり

ぐちゃぐちゃになるから。

 

 

 

洋装のお母さま

ロングドレスにミュール

アンサンブルの方もいらっしゃいます。

 

この場合は襟元が

空いているデザインであれば

あまり首元が出過ぎるよりは

ダウンスタイルもステキですし

 

片側サイドをアップ風に詰めて

反対側を下げるのも

バランス取りやすいです。

 

 

 

写真は撮れる時にたくさん!

前撮りでゆっくり撮れる場合は

両親もセミフォーマルで同行

一緒に家族写真撮っておくことをお勧め。

 

披露宴が始まってしまうと

思いのほかバタバタして

終わってしまうので

 

新婦さんお仕度中など家族で

自然なショットを撮っておくと

後によい想い出となります。

 

 

 

おまけ

自分の結婚式でも

準備段階からプロセスを記録し

1冊のアルバムにまとめておきました。

人物ばかりでなく

こだわったグッズも写真に残し

表紙はハンドメイドでアレンジした

アニバーサリーな力作です。

 

 

結婚後も1人めの子どもが

1才になるころまで

たくさんの親せきや友人がお祝いで

遊びに来てくれるので

専用のアルバムを作り

1人1ページ銀のポスカでひと言

書いてもらってました。

 

赤ちゃんを抱いてもらった写真を

入れるページに書いてもらうので

我が家の日記のようになり

今でも大切な宝物です。

 

現在はツールがあふれているので

スマホでデジタルな思い出の残し方

たくさんありそうですね。

 

 

 

ではそう遠くない娘息子の結婚式

楽しみに準備はじめてくださいね。

本日もここまでお読みいただき

ありがとうございました。

また21時にアップしますね。。。柴田りか

 

20180924

★プレゼント中★ この機会に無料プレゼントを受け取ってあなたも今すぐ始めてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*