号外:イチローが今夜をもって引退…

イチローが今夜をもって引退…
45才、日米通算4367安打を放った大打者
 
試合後の、1時間半近くにおよんだ会見を
しみじみと見入っていました。
 
 
 
 
今現在25時37分
こんばんは★寝る前の柴田りかです。
 

 

イチローのプロ野球人生28年を語る中で
美容師人生33年と重なる部分があった。
 
記者「ガマンしたことは何ですか?」
 
自分にできる好きなことをやってるだけなので
ガマンしている感覚はない。
 
じっとしていられないタイプだから
動くなと言われればガマンかな?
 
記者「野球のいいところは?」
 
同じ瞬間は2度とないので飽きない。
その時々の瞬間が楽しめる。
 
的なニュアンスのお話しに
(わー…完全にそこは私と一緒だわー)
 
 
 
自分にとっての美容師も
新人になったその時から今まで
 
好きで楽しいから続けてきただけ
ガマンとは別の積み重ねの日々。
 
また仕事に飽きることはない。
なぜなら同じ施術は二つとして無いから。
 
流行が動くと、良いの基準と気分が
季節や天気によりクセの出具合が変わる。
 
女性なら結婚や出産、家族構成や仕事などの
ライフスタイルの変化でも
扱いやすさが最優先になったりします。
 
大前提の変化としては
お客様自体が年を重ねていくことですね。
 
細く・少なく・白髪とうねり毛が増え
「いつもと同じにしてください」
が最も難しいオーダーになっていく。
 
お気に入りの、前回の髪を超えていく提案のために
そのつど問題解決は必須となり
飽きることはないんです。
 
 
 
イチローの海外での毎日は
壮絶な孤独との戦いでもあったそうです。
 
ひとたび日本を出れば、自分は「外国人」
なかなか受け入れてもらえずに
もがく中で経験することでしか体得できない
 
人の心をおもんばかること
それにより今までにない自分が現れる体験
 
心も体もエネルギーがあるうちに
困難や難しいことに立ち向かうことは大事だと。
 
んーこれは家族や友人・仲間に囲まれて
ぬくぬくしてここまで生きてきた私には
積めていない人生プロセスだと言えそうです。
 
また初めはチームのために頑張っていたが
今は人に喜んでもらえることが嬉しく
そのために頑張っているとも。
 
そんなイチロー語録は
職種とか年齢・性別・国籍などの
あらゆる枠を超えて
 
生きるうえで、いろんな場面で当てはまる
大事な思考がぎっしり詰まっていました。
 
 
 
会見中には何度も
「僕おかしいこと言ってます?」
 
「今後は元イチローになるのかなー」
 
終盤では
「おなか減って集中切れてきた…」
 
とか空気を和ませつつ
質問を一つ一つ、噛みしめるように受け止め
 
自分の言葉で一所懸命に
伝えてくれてるなーという印象でした。
 
イチローは日本でバットを置いた。
東京ドームいっぱいの日本のファンに囲まれて。
 
お疲れさま。ありがとう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*