育毛剤は枯渇する砂漠の大地を潤すオアシスのごとく頭皮に

顔にはつけるのに
同じ肌である頭皮につけないもの
ってなんだと思いますか?
 
それは
化粧水と乳液です。
 
洗顔後はすぐに顔
保水に保湿しますよね?
 
顔は大事にされてて
いいなー。
 
顔に下がってできるシワも
抜け毛も薄毛も
 
頭皮の乾燥が原因と
知ってしまったら…
 
まだ放っておきますか?
迷わず今日からケア始めてください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
頭皮用の化粧水や乳液は
今は市場にたくさん出回ってます。
 
市販のケア剤を買う際に
配合成分などどう選んでいいか不安であれば
 
最初の1本は担当美容師さんに
選んでもらうとよいですよ。
 
分かりやすいところでは
分類が《育毛剤》となっているもの。
 
発毛剤含め効果の高いケア剤には
「ミノキシジル」という成分が
入っているものが多いんですが
 
本来であれば
医薬品成分配合となるので
 
きちんと専門医に
診察して処方してもらわないと
 
副作用が出たときの
対応に困りますよね。
 
もともと高血圧の治療に
使用されてきた薬なので
毛髪が濃くなることは分かってるのですが
 
心臓への負担や
急に血圧が下がるなど
重い副作用が出ないとも限らないんです。
 
効果の強いケア剤を希望の際には
専門医できちんと相談してください。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
また薬で一時的に髪が生えたとしても
ストレスや生活習慣が改善されておらず
 
頭皮状態が悪いままだとすれば
太い丈夫な毛が
定着するまでには至らない
のも事実なんですね。
 
育毛剤の目に見える効果は
半年、1年後と時間がかかるので
 
ゆったりした気持ちで
体も心もトータルでの
セルフケアを毎日続けて
自分の日課にすることが大事なんです。
 
でも大丈夫です!
簡単でシンプルな方法を
身につけてルーティンにしてしまえば
 
一生のうちの髪悩みは
かなり減りますよ。
 
とにかく凄く大変なことになる前に
今すぐ始めましょう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・
 
全ての方におススメなのは
保湿成分がたくさん入った
女性用育毛剤ですね。
 
男性も使って問題ないのですが
女性に多いと言われる
びまん性脱毛は
 
髪の毛が細くコシガなくなり
全体的に薄くなるという症状。
 
育毛剤は
太い毛を生やすこと
を目的に作られているので
 
高い保湿力が重視され
そのうえ刺激が少ない
 
言ってみれば
頭皮のための乳液
というイメージですね。
 
なんなら頭皮環境を
整えるのにも有効なので
 
薄毛に悩んでいない方にだって
おススメなんですよ。
 
うたい文句に
「女性ホルモンの働き改善」
となっているケア剤も
 
男性であっても女性ホルモンが分泌されて
髪の生え変わりサイクルを
整えるのに役立ちます。
 
ただ男性用を使いたい場合は
爽快感のあるアルコールやエタノールが
3%未満のケア剤を選んでください。
 
アルコールが強いと
サッパリする分
刺激が強く頭皮の乾燥が進みます。
 
配合量が明記されていない場合は
成分表の上位に
 
アルコールと表示されていないものを
チョイスすると安心です。
 
シャンプーでも化粧品でも
全てにおいて言えることですが
 
高いから良いモノ
という判断は出来ません。
 
・自分の現状に合っているか
・アレルギーに反応しないか
・使用感や匂いが好きか嫌いか
 
いろんな判断基準があるので
詳しいメーカー社員のいるドラッグストアか
 
やはり自分のことを知ってくれている
美容師さんに選んでもらうのが安心ですね。
 
--------------
肝に銘じてほしいのは
太い毛がちゃんと生えてくるまで
時間がかかるということ。
--------------
 
もったいないのは育毛剤ですね。
約1か月間分の商品が多いのですが
 
たった1本使い終わった段階で
目に見える効果が感じられない
 
と自己判断して
次々ケア剤を変えていく人
 
効くモノも効かなくなったり
頭皮の順応が追いつかず
皮膚病に発展することもあります。
 
なんでも使い始めは
多少の違和感があったりしますが
 
それは頭皮が限りなく薄くなって
知覚神経が上がってきているせいで
過敏になっている場合が多いんです。
 
大きなトラブルや副作用がない限り
信じて半年は続けてほしいところですね。
 
また育毛剤とは人生において
長く付き合っていくことを考えると
 
死ぬほど高価なものは避けて
¥5000以内ほどの
適正価格のケア剤から始めてみてくださいね。
 
それで保湿の効果は十分で
頭皮の保湿もココロも
満たしてくれると思います。
 
・・・・・・・・・・・・・・
 
ではここでケア剤の
正しい使い方です。
 
保湿系ケア剤の安心な点は
いつ何回使っても大丈夫ということ。
 
1日の中でも必ず使ってほしい
大事なタイミングは
 
シャンプー後
濡れているうちに
たっぷりとつけること。
 
基本的に頭皮につけたいので
髪の毛をかき分けて
頭皮にじかに塗布していきます。
 
つむじやこめかみなど
薄いのが気になる部分だけにつけがちですが
 
最終的に髪全体のボリュームを
上げたいわけですから
 
おでこや襟足
耳のまわりにも広く塗布しましょう。
 
おでこに関してはしっかり
生え際の髪の毛が増えてくると
広かったのが狭くなったりします。
 
あとは外出前も
紫外線の予防に効果的。
 
頭皮が日焼けすると
乾燥が進むばかりでなく
 
健康的な青白い肌から
赤黒く変色し
 
結果分け目やつむじが薄くなり
地肌が透けて見えてきますので
要注意ですね。
 
わたしはフルボサンエキス配合の
保水液を年中使ってますが
 
アトマイザーに入れ替えて
持ち歩き意識的に
日に何度もスプレーしています。
 
ちなみに柴田52才
いまだに薄毛と顔の深いシワには
苛まれてないですよ。
 
では最後にまとめです。
 
薄毛や抜け毛・顔たるみなど
老化の根源は頭皮の枯渇。
 
毎日きちんと
保水と保湿をして
今が丁度いいなら現状維持
 
抜け毛が気になってきていたら
食い止めて元に戻るように
 
毎日ルーティンにして
半年様子を見る
 
現状維持できていれば
そのまま続けていく
ということに尽きますね。
 
それでは今日も最後までお聞きいただき
ありがとうございました。柴田りかでした。
 
 
 
 
ツイッターでは
ブラッシングモニターさんの
日々の様子をあげています!
▼ ▼ ▼
 
 
 
取り上げてほしい悩みごとがあれば
LINEからどうぞ!
▼ ▼ ▼
 
 
★ーーー★★ーーーー★★ーーーー★★ーーーー★
《頭皮で全てあがるプログラム》発行者:柴田りか
★ーーー★★ーーーー★★ーーーー★★ーーーー★
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*