fbpx

前髪セルフカットはこう切ると簡単で誰でも失敗しない

セルフカット前髪
セルフカット前髪

すぐ邪魔になる前髪。自分で切れたらいいですよね。

「前髪すぐ伸びるよね」
「後ろはまだ切らなくていいのに」
「目にかかるとすぐ物もらいが…」
「邪魔で触ってばかりいて」
 
取り急ぎ今から
自分で切りましょう!
 
前に失敗したあなたも
大丈夫!
 
切り過ぎるのには
理由があります。
 
あれ?切り過ぎた?
という時のために
保険をかけて
カットする方法教えます。
 
 

 

準備するものは

・ピンまたはダッカール
 髪を小分けにしてとめる用
 
・ケープまたは風呂敷など
 毛が散らばらないように
 首に掛ける用
 
・はさみ(漉きばさみでも可)
 なるべく髪切り用
 
・鏡
 首から上が写るサイズ
 

カットする前に

焦らず切れるように
時間があるときに切る。
 
たった今邪魔なところを
摘まんで切りたいのも
やまやまですが
 
時間がたつと
軽くなった毛の
元のくせが出て
少し上がるため
 
曲がったり
切り過ぎた感じに
なりやすい。
 
ではどうしたらよいか?
 
一旦目元まで
十分に濡らして
自然に乾いた状態で
カットするとくせを
確認できてよい。
 
こめかみなど
かなり強い
くせのあるあなたは
 
シャンプーし
なるべく手を入れないで
ある程度乾かした後
 
完全に自然乾燥してから
切るのがベスト。
 

ではいよいよカット

鏡に対して
真っすぐ前に座る。
 
下からのぞき込むと
眉が上がり
思ったより短くなり
 
上から見降ろすと
目の真ん前に
はさみがあって
切りづらくなる。
 
前髪の内側(下の毛)を
1センチおろし
目と目の間を
希望より少し長く切る。
 
この時指で挟んで
引っ張ったりしないこと。
後でくせで上がってしまうので。
 
先ず切った真ん中の部分が
基準の長さとなる。
 
次はその基準に
繋がるように残りの
横の毛を切る。
 
鏡の自分の
前髪の上がり具合や
希望のカットラインに
なっているか確認しながら
 
寄せていた上の毛を
1センチずつ下ろして
真ん中から
同じ手順で
繰り返していく。
 
この時かぶる毛は
とても短く上がるので
基準になる下の毛に
かぶせるように
1センチづつ長くしていく。
 
これが最も重要で
保険のポイント
 
最終的に長い分は
後で微調整できるので
長め長めに切ること
 
カットの早い美容師でも
前髪は一番時間を割いて
じっくりくせの
上がり方を見ながら
進める重要ポイント。
 
前髪は最も見える
顔の一部分であること
意識したいものです。
 
 
 
 
 

前髪別の印象は

1:
横が長く
真ん中が短ければ
顔を囲むように
丸い前髪。
 
優しく小顔に見える
王道の前髪。
 
 
 
2:
真ん中から横まで
真っすぐ切った前髪。
 
厚めできっちり
揃っていると
ぱつんとした印象で
モード風。
 
毛先をギザギザに
ぼかしもせず
真っすぐに切る
 
これが一番難しい
前髪カット。
 
ちょっと曲がったを
追いかけすぎて
何度も直すうちに
 
曲がり
引き返せないところまで
短くなるので
要注意。
 
一番無難なのは
美容院でカットした後
1週間おきに
3ミリ切り進めて
伸ばしてしまわない方法。
 
キープするイメージで
少しずつ
ちょこちょこ切ると
失敗しないですよ。
 
 
 
3:
片側ななめに長く
反対が短いと
アシンメトリー。
 
短い方は
はさみを縦に入れ
少しギザギザにすると
動きも出て
馴染みやすい。
 
また髪は
短い方から長い方へ
流れる性質があるので
 
少し伸びても邪魔にならず
ボブにも結い髪にも
ショートカットにも
合わせやすい
マルチ前髪といえる。
 
 
 
4:
オトナ女子っぽい
長めのニュアンス前髪は
鼻の下か
唇あたりで切る。
 
かきあげると
ほお骨まで上がり
バランスがいい。
 
揃い過ぎてると
重く下がるので
毛先の3センチほどは
縦にギザギザを
入れると軽くなる。
 
漉きばさみがない場合は
はさみを縦に入れても
ざっくり切れてしまうので
そうとう要注意。
 
 
 
 

漉きばさみは

思っている以上に
バッサリ切れている。
 
特に根元に多用すると
毛が立って
収まりがつかなくなり
元に戻るまで
何か月もかかることになる。
 
毛量を減らすにしても
同じ個所には何度も
はさみを入れないようにする。
 
セルフカットで
間違いなく使いこなすには
 
普通のはさみで
希望より1センチ
長めに切って
 
最後に1センチを
漉きばさみで
ギザギザにするとよい。
 
 
 
 
どうでしょうか。
上手に切れそうな
気がしてきたでしょうか。
 
私は重めのアシンメトリーで
顔にかぶせてあるので
 
動きと軽さを出すのに
片側にスリット的な
切れ目を大きく
入れているのですが
 
セルフカットする際には
動画撮ってアップしますね。
 
では本日もここまで
お読みいただきありがとうございました。
 
また21時に。。。柴田りか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★プレゼント中★ この機会に無料プレゼントを受け取ってあなたも今すぐ始めてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*