頭皮の老化に効果てきめん@話題のパドルブラシ

このところ話題沸騰の
パドルブラシ。
 
今日から効果的に使えるように
いろいろお伝えしていきます!

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

【パドルブラシ】

 
パドルとは形が似ている
カヌーのパドルからつけられたそう。
 
ブラシ部分のサイズが大きく
空気穴のあるブラッシングブラシ。
 
持った感じが適度に重く
ブラシ部の面が大きいので
絡まった髪をとかすのにぴったり。
 
ブラシ毛自体も大きく
根元部分はゴム製で
 
空気の出入り穴があるので
クッション性に優れている。
 
そのおかげで頭皮に適度な
刺激を与えることができ
マッサージにもなります。
 
ブラシの毛先は丸い
ピンになっているので
強めに頭皮に当てても
傷つけてしまうこともありません。
 
特にピン先が大きいタイプの場合は
毛穴に詰まった皮脂汚れを
取るのにはちょっと不向きかも知れません。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

【使い方】

 
基本的に頭頂部(てっぺん)に向かって
頭皮をなぞるようにブラッシングします。
 
1日×3回が目安ですが
シャンプー前が特に効果的。
 
ブラシの角度はなるべく
面を頭皮に平行にあてて
ピンの角が立って当たらない様に注意。
 
後でひりひりするのは
力が強すぎる証拠。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

【こんなに効果的】

 
ブラッシングは頭皮に
ほどよい刺激を与えます。
 
頭皮の血流が上がり
抜け毛・白髪を抑える効果もあり。
 
私も毎日やってますが
とっても気持ちよくって
リラックスできるんですよ。
 
特にスゴイのはシャンプー前の効果。
 
髪や頭皮についたゴミや抜け毛
特に汚れた皮脂を
シャンプー前に取りのぞくことで
シャンプーだけで落とせない汚れもすっきり!
 
同時に血流を上げ
頭皮の老化を遅らせることで
育毛効果が期待できます。
 
他のブラシにはない
優れた機能を持ったブラッシング専用ブラシ
 
今もこれからも
ツヤふわ髪でいたいなら
大人女性必須のアイテムです。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

【メンテナンス】

 
ブラッシングすると必ず
抜け毛やゴミ、ホコリがつきます。
 
肌にじかに触れるものなので
出来れば毎日メンテナンスしましょう。
 
絡みついた髪は細いコームの
テール部分で簡単にとれます。
 
専用にブラシクリーナー
とうものもあります。
 
クッション部分の汚れは
綿棒や歯ブラシなどで丁寧に取って。
 
水洗いができるブラシは
毎回水洗いして
 
しっかり水けを切ってから
日陰干しします。
 
木製の場合は水を吸い込んで
変形したり、カビたりするので
 
持ち手の部分は水につけないように
気をつけてくださいね。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

【ちなみに柴田は】

 
今回は大人気中の
パドルブラシを深掘りしましたが
 
私は自分頭皮で
毛穴や髪のツヤを検証中なので
 
フロムアース社日本製
「リセッティングブラシ・ネオ」
 
シャンプー中も使う仕様で
リンパも流せる
全身ブラシ使ってます。
 
こちらもまた機会をみて
詳しく紹介しますね。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【追伸メッセージ】

 
今日のブログはどうでしたか?
感想などいただけると嬉しいです。
 
こちらからぜひどうぞ!
 
 
 
検索ID:
@zpn3772g
 
 
その中でも人に聞きづらい
大人女性に共有すべき悩みごとは
 
ブログなどで取り上げ
できるだけその答えを提案していきます。
 
なぜなら困っているのは
~あなた一人ではないから~
 
大丈夫
自分だけじゃないですよ。 
 
今日からあなたらしく
日々を過ごしていくために
大人を一緒に楽しんでいきましょう!
 
 
ココロの奥底にしまいこんだ
「思い」
のメッセージもお待ちしております。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Twitter:
 
facebook:
 
facebookpage:
 
Instagram:
 
 
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*