fbpx

頭皮の老化で顔にしわが落ちて7才老ける事実

正しいシャンプーの仕方

老化は正しいシャンプーで食い止める

年を重ねるごとに
確実に迫りくる「しわ」
 
おでこはもちろん
眉間
目尻
口のまわり
 
そのうち気づけば
目には瞼が覆いかぶさり
頬がたるみ
顎までも落ちてきます。
 
想像しただけで
がっかり
怖くないですか?
 
年老いた自分が
どんなになるか
見たいあなたは
お試しください。
 
鏡を顔の下方に置き
上からのぞくようにして
ご覧ください。。。
 
さて!気を取り直して
過ぎゆく時間は
止められなくても
 
転ばぬ先の杖として
たった今から出来ること
ひとつずつ始めましょう。

基本の基本はシャンプー

正しいシャンプーの仕方

シャンプーは
自分でやらなければ
成果の出せない毎日続けるケア
 
シャンプーの選び方については
こちらでもお話ししたので
ご覧ください
 
 

その1:頭皮の汚れを浮かす

綿100%の軍手を使い
頭皮をマッサージするように
まんべんなく
優しくモミモミ。
 
擦るというよりは
頭皮を骨から
引き離すように
動かすという
イメージですね。
 
軍手自体が皮脂汚れを
効率的にキャッチし
素手よりもやさしい
マッサージ効果が得られます。
 
またブラッシング専用の
動物毛ブラシを
お持ちのあなたは
 
頭皮を傷めないよう
マッサージするように
ブラシを通してください。
 
あらゆる方向に
スクランブルに
くまなく通します。
 
いづれの方法でも
頭皮の汚れを
落としやすく浮かせ
 
血流を上げ
毛根の活性化や
 
すでに抜けている毛を
シャンプーの前に
落とすことができます。
 

その2:シャワーで前すすぎ

出来るだけ低めの温度で
根元までしっかり濡らす。
 
この時点で
根元の汚れを
ほとんど落とす意識で
 
指で地肌まで通しながら
丁寧に流していきます。
 
髪全体が完全に
濡れている状態。
 

その3:いよいよシャンプーの出番

使う予定の半分を
手に取りよく泡立てる。
 
襟足とてっぺんに
分けて付け
それぞれたくさん泡立てる。
 
指の腹で撫でるように
隅々まで丁寧に
優しく洗います。
 
最近では毎日
シャンプーする方も増えて
二度洗いやがっつり洗う
必要性も薄れてきています。
 
それに合わせるように
頭皮に刺激の少ない
弱酸性タイプが増えて
 
しっかり汚れを
落とし切れていない
そんな現実もありつつ…
 
日に2度洗うことは
おすすめ出来ませんし
 
汗をかかない季節や
外に出ない日なんかは
2日に1回ペースでも
頭皮や皮脂の状態からみて
ベターです。
 
運動で汗をかいて
とても気になるあなたは
1回はシャンプー無し
シャワーのみで
丁寧に流すのみとしましょう。
 
ごしごし擦るや
ざざっと洗うは
もちろんNGです。
 

その4:超重要なすすぎ

初めの濡らしの
3倍丁寧に流します。
 
よく指を通して
少しも液が残らないよう
意識して。
 
特に額のきわや
耳の陰
後ろの首の下は
 
洗い残しのせいで
湿疹の出やすい場所
 
仕上げはコンディショナーや
トリートメント
リンスなど
 
シャンプーとセットのものが
最大限の効果を
発揮するものと思われます。
 
別商品との組み合わせの場合
成分通しがぶつかって
肌トラブルになることも多いです。
 
またヘッドスパなどの
頭皮用以外の仕上げ剤は
頭皮には付かないように
気をつけてくださいね。
 
最後に肌に残らぬよう
これも丁寧に流してください
 
流さないトリートメント系は
熱で定着するなどなので
タオルドライ後
塗布になることが多いです。
 
取扱説明書に
きちんと従って
お使い下さい。
 
 

結構危ないドライヤー

1日の汚れを落として
毛穴がきれいな状態で
夜を迎え
 
自前トリートメントの
皮脂を活かしたいので
寝る2時間前までにシャンプー。
 
朝シャンは
これから1日
頭皮を守る皮脂が落ち
体温も下げるといわれ
おすすめは出来ません。
 
先ずは襟足→耳の陰と
乾きにくい部分から
重点的にドライヤー。
 
ドライヤーの熱風は
60度を超すと
髪がたんぱく変性を起こし
 
パーマやカラーの際に
  • かからない
  • 持たない
  • 狙った色が出ない
  • 切れ毛になる
  • 一気に傷む
など支障が出るようになります。
 
またその状態に一度陥ると
元の髪に戻すことは難しく
切って落とすほかありません。
 
ドライヤーで乾かす際は
反対側の手に
風を当てながら使うか
 
温風と冷風を
切れ替えながらお使いください。
 
 
 

補足:分けて付けないとどうなる?シャンプー

毛の多い部分や
根元など
液が行き渡らない
原因となります。
 
また事前に泡立てないと
原液が頭皮に付くことになり
刺激が強く顔も含め
肌トラブルに繋がりかねません。
 
肌は一度バランスを崩すと
病院へ行っても
なかなか治りません。
 
特に頭皮は
常に髪に覆われいて
湿度で雑菌がわきやすく
衛生状態を保ちづらい。
 
使う頻度の高い
手と並んで
病気の治り辛い
部位となります。
 
また頭皮は
長期にわたる湿疹などで
そのまま脱毛になったり
 
さらにはそれが引き金となり
全身にトラブルが
広がる恐れがあるので
 
特にホルモンバランスも
乱れてくる
40代のあなたは要注意です。
 

正しいシャンプーの仕方

さてどうだったでしょうか?
たかがシャンプー
されどシャンプー
 
3分でざざっと
終わっていたあなたが
今日から毎日
これを実践できたら
 
1ヶ月でちょっといいかも♪
1年で全体的に
頭皮や髪
しわのトラブルが減り
 
5年10年後は
同年代の友だちが
追いつけないくらい
 
比べてみたら!
なんか若いかも!
髪つやつやふさふさ
ボリューミー
 
髪がキレイそれは
7才ナチュラルに若く
見えるんですよ。
 
なぜ7才か?
それ以上はなかなか難しく
無理した感じの
ただの「イタい若作り」
になっちゃうからです。。。
 
 
 
 
20180831
★プレゼント中★ この機会に無料プレゼントを受け取ってあなたも今すぐ始めてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*