続:一瞬でおばちゃん!髪イメチェン失敗の明確な7つの理由

続失敗の理由
続失敗の理由

前日書ききれなかったお悩み解決の続き。黄金テクも発表します!

さてお待たせしました!
力尽きた昨日の続きを早速…(汗)
 
先ずはおさらい
「パパパ…パーマ強すぎじゃない?」
「首と顎がより太い感じで丸見え…」
「今どきの短い前髪…イタくない?」
ここまでお話ししましたので
 
本日はここから
「明るめにしたらおばあちゃん感が…」
「もみあげ短すぎて…もはやおじちゃん?」
「チンピラ感でてるのなんでなのーー」
「貧乏くさい…あれ?」

明るめ=おばあちゃん感の原因

ふつうに地毛で白髪の
年配に見えているということです。
 

地の白髪は
少し黒が混ざっていると
グレイヘアで素敵なんですが
 
ほとんど白くなると
実際は黄ばんでいます。
 
しかも
  • キューティクルが剥がれて
  • 芯の状態になるので
  • ぐぎぐぎ曲がって
  • ツヤがなくぼさぼさ
  • 手入れを怠った感じに
年老いて見えるのです。
 
明るいカラーを
おばあちゃん出さないで
楽しむポイント
 
とにもかくにも
ツヤを出す。
 
黄味を消すために
薄い赤と青を入れる。
 
透明感のある薬剤で
ごくごく薄い
ラベンダー色を入れると
キレイなシルバーに見えますし
 
少しだけ紫寄りの
ブラウンを入れると
黄味をかき消し
透明感のあるベージュになります。
 
ここで要注意は
濃く入れないこと。
 
ただの派手な紫ヘアになったり
普通に黒めの
白髪染めになりますからね。
 
 
 

もみあげ短すぎて…もはやおじちゃん?

これはどういう状態かというと
もみあげを刈り上げているか
ぎりぎりまで短く切っているか。
 
もちろんそれで
ステキなあなたは
問題ではありません。
 
なぜかおじちゃんに
なってしまうあなたの場合は
 
顔の輪郭または
あごやおでこ
髪型自体が四角い。
 
四角はイコール角刈りであり
角刈り=床屋=男性
の図式に発展します。
 
もともと持っている
四角いパーツを
女性らしく表現するには
 
輪郭をつかさどる
もみあげを
耳と顎の中間くらいにカット
 
頬に添わせておくことで
顔は卵型に
ふんわり見えます。
 
短くないとどうしても
邪魔というあなたは
耳下ぎりぎりに切って
ピタッと耳にかけてください。
 
同じ耳が出るでも
切りっぱなしと
耳に掛けるのとでは
印象が大きく異なります
 
なぜなら
こめかみから
サイドにかけて
曲線が生まれるからです。
 
髪型が四角いとは
 
耳上の一番出っぱっている
いわゆるハチの部分
そこを軽くすることで
髪が浮いて立ち上がり
 
トップが分け目で割れて結果
四角い=長めの角刈りラインに
なってしまった状態です。
 
 
 

チンピラ感でてるのなんで?

こめかみ部分が薄く
剃りを入れた風だから。
 
そんな状況ある?
って突っ込んだ
あなたの気持ちはわかります。
 
ではどんな時そうなるか。
 
一本結いやサイドアップなど
前髪残して束ねるとき
横からのこめかみ
チェックしてるでしょうか。
 
思ったより薄く
剃りあがって見えます。
 
これを回避するには
こめかみに毛が被るように
こめかみではなく
前髪のうえ部分を足す。
 
要するに前髪部分の
奥行きを深くする
ということです。
 
それにより
こめかみが割れることなく
上から自然な毛が被ってきて
 
薄い部分が隠れ
サイドとの自然なつながりができます。
 
 
ポンパドール

ポンパドールは毛束の分け取り方が大事。

前髪をポンパドールしてるあなた
ポンパ部分は
こめかみから分けると
バランス的に幅が広すぎて
これも老けた感じになります。
 
さらに剃りあがっても見えるので
分ける部分はラグビーボール形に取る。
 
残ったこめかみを下すと
おでこが丸いラインになり
より女性らしくなります。
(図参照)
 
 
 
 
 
いよいよ最後

貧乏くさいのはなぜ?

理由はいろいろですが
ざっとこんな感じです。
  • 薄い
  • 細い
  • 真っすぐ
  • ぺったんこ
  • ぼさぼさ毛にツヤがない
  • 根元や分け目だけ白髪がそのまま
  • 結ったらこめかみ・もみあげ・襟足おくれ毛
 
だって仕方ないじゃん…
って心の声が聞こえます。
 
でも!ちょっとだけ
手を入れてみてください。
元気なあなたに出会えますよ。
 
結ったら前髪と表面だけ
ワックスやヘアクリームをとかし込む。
アホ毛とおくれ毛がなくなり
いきなりキチンと感でます。
 
根元だけの白髪は
手をかける余裕がないような
そんな貧相感出してしまってます。
 
すぐ白髪が目立つ量のあなたは
たて縞々にカラーして
地毛の黒と白髪を
最初から少し残してください。
 
伸びでも根元が目立たない
かっこいい
デザインカラーデビューです。
 
 
 
 
薄い・細い・真っすぐ
もともと毛質がそうだというあなたは
パーマ自体がかからない上に
取れやすくダメージになりやすい
そんな傾向があります。
 
たった今
「正面から分け目が見えないS字」
の分け目にしてください。
 
正面からつむじに
真っすぐ割れている線を
 
上からみたらS字に曲線
前髪は右から
トップは左から
交差するように分けるのです。
 
その際に左右の比率が
7:3だと元に戻ってしまうので
思い切って8:2
クールに決めるなら9:1
 
さらに前髪の分量を
出来るだけ多くして
前に重く下げれれば
トップの高さが出てまるで
ボリュームがあるように見えます。
 
横からぐっと分けた方が
元の分け目に戻りにくく
 
毛先にワックスを付けるなどして
続けるうちにそういう前髪を
自分のモノにできますよ。
 
「継続は力なり」
この技は本物です
 
子ども時代からずっと
どうやってもぺったんこで
薄いイメージから
抜け出せなかった
何人ものお客様が挑戦し
成果を出している黄金テクです。
 
 
 
 
今日もここまで読んでいただき
どうもありがとうございます。
ではまた21時に***柴田りかでした。
 
 
 
 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*