美容師が教える【娘の髪をママカット】おうちで楽チン技

すきばさみ
すきばさみ

娘の髪をスキばさみでおうちカット。

美容師が教える
娘の髪をママが切る
【スキばさみ限定】
超かんたん裏ワザ公開
 
小学生・中学生・高校生
いつも一本結いで下ろすことがない
 
これ定番中の定番じゃないですか?
 
そして年に2回
学年の上がる春休みと
部活大会の終わる今ごろと
 
忙しい子どもたちの
ちょっとしたスキマ時間で
美容院に連れていく…
 
下ろすことがないなら
はっきり言って
美容院で切らなくて大丈夫です。
 
クセ毛や超ロングも
誰が切っても
そんなに変わりません。
 
ただ前髪を
自分で切れないとか
新たに分量増やすとか
 
一本に結った状態の
毛先束のカタチに
こだわる娘さんは
美容師に切ってもらいましょうね。
 
では早速いってみましょう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一本結いを薄くする

小学生後半から
高校生までは
人生の中でもかなり
毛量の多い時期。
 
結うのはもちろん
洗って乾かし
楽チンにしてあげましょう。
 
先ずは注意点
 
スキばさみを使いますが
同じ部分に何度も入れないこと。
変に削げてペラペラになる。
 
頭の中で
一番出ている
ハチの部分を切らない。
結っても中から
短い毛が立ってはみ出る。
 
毛先だけ切って
根本にスキが入らないと
結い目も頭ももこもこ
毛先だけスカスカになるので
要注意。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いよいよカット

①ハチ部分を除いて
後頭部下のえり足をカット。
 
毛が一番多く
硬い部分なので
根本近くから
しっかりスキます。
 
このとき図①のように
生え際3センチ幅部分は
残しておく。
 
ここを切ると
結ったときに短くて
ばらばら落ちてくる。
キッズカット

おうちで娘をママカット。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
②えりあしをスイても
まだ多い場合は
耳上サイド横上も
えりあしと同じ要領でカット。
 
この際も前からみて
一番出ている
ハチ部分を外して
その下を切る。
 
もちろん生え際は
ちゃんと3センチ幅
残しておかないと
結えなくなる。
 
初めての一本結いカットで
仕上がりが心配なママは
いきなりざっくりスカずに
少し切るところから
始めてください。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボブを軽くする

一本結いの次に多い
学生さんヘアはボブ。
 
勉強してると
顔にかぶるし
耳にかけても
余って落ちてくる…
そんなストレスを解消
 
暑くてのぼせるのも
髪が多く見えるのも
全てはこの耳後ろ
ここが特に多いんです。
 
図のように
耳の上から
えりあしにかけての
生え際から3センチ幅
ここをスキばさみで
根本から薄くカット。
ボブ

耳かけにももってこいの部分カット

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美容室では
刈り上げたり
10ミリの長さで
馴染無用にカットしたり。
 
もともとのボブが
短すぎると見えるので
あご下3センチより
長いボブにおすすめ。
 
✖ 結うと見える場所なので
結わないボブの方向き。
 
✖ この部分に短いと
立ち上がるクセのある方は
不向きです…残念。
 
 
 
 
今夜は学生さんの
多い髪を
ざっくり軽くする
簡単な方法を
お知らせしました。
 
もちろん
大人の方でも
切り方は一緒ですので
多すぎて困る時は
どうぞお試しくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*